編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

2019年日本・ベトナム石炭セミナーを開催

JOGMEC

From: PR TIMES

2019-10-09 19:05

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は、令和元年10月3日(木)、ベトナム石炭鉱物産業ホールディングス株式会社(VINACOMIN)と共催で、ベトナム・ハノイにおいて「2019年日本・ベトナム石炭セミナー」を開催しました。



 我が国は、海外から製鉄等に利用する高品位の石炭(無煙炭)を年間600万トン前後輸入していますが、全体の輸入量のうち約10%はベトナムからの輸入が占めており、ベトナムは我が国にとって重要な資源供給国です。近年、ベトナムは経済発展に伴う電力需要の増加により、無煙炭を主とする国内炭を発電用としてベトナム国内へ優先的に供給するようになり、また他国からの石炭輸入が増加傾向にあります。
 我が国は発電用や製鉄用といった石炭の種類毎の利用用途を踏まえた戦略的な石炭資源の活用が重要と考えており、今回、石炭に関する基礎的情報の理解を深めるとともに、JOGMECが現在ベトナムに対し支援している地質構造調査事業及び人材育成事業の活動についてもベトナム政府はじめ関係機関等に広く理解してもらい、結果的に円滑な無煙炭の輸出が継続されることを目的に、在ベトナム日本国大使館、経済産業省資源エネルギー庁及びベトナム商工省(MOIT)の後援のもと、VINACOMINと共催で「2019年日本・ベトナム石炭セミナー」を開催いたしました。
 セミナーでは、ベトナム商工省(MOIT)、ベトナム電力総公社、経済産業省資源エネルギー庁を始め、日越関係者から講演があり、ベトナム政府並びにベトナム石炭関係機関、日本政府関係機関、現地駐在日本企業等から多くの石炭事業関係者にご参加いただきました。

 JOGMECは、今後もセミナー・調査等の実施により、石炭資源の安定供給のため有益な情報等を提供してまいります。 石炭資源開発に係る最新情報につきましてはJOGMECホームページの「石炭資源情報」をご覧いただくか、メール配信サービス「JOGMEC石炭通信」にご登録ください。
 今後とも、皆様からのご要望、ご意見等を踏まえ、情報提供の強化を含めた開発支援ツールをより一層充実していきたいと考えております。

●石炭資源開発に係る最新情報提供について
石炭資源情報ウェブサイト
(URL) (リンク »)
メール配信サービス「JOGMEC石炭通信」(石炭資源情報ウェブサイト)(URL) (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]


リリースページはこちら↓
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]