編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

食べられる花屋 EDIBLE GARDEN presents 「おいしい花畑」 レストランがエディブルフラワーで彩られる体験型アートイベントを期間限定で初開催

dot science株式会社

From: PR TIMES

2019-10-01 11:00

開催期間:2019年10月8日(火)-11月11日(月)

食べられる花屋EDIBLE GARDENを運営するdot science株式会社(代表取締役 小澤亮)は、2019年10月8日(火)-11月11日(月)の間、ITALIAN RESTAURANT & BAR GOHAN 池袋サンシャイン通り店にて、体験型アートイベント「おいしい花畑」を開催いたします。

おいしい花畑公式Webサイト: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



■おいしい花畑とは -エディブルフラワーとアートを融合させた新感覚のフード体験-
「おいしい花畑」は、食べられる花屋 EDIBLE GARDENとフラワーアーティストedalab.による、エディブルフラワーとアートを融合させた新感覚のフード体験。edalab.とセキネトモイキ氏が運営するフードインスタレーション“飲む植物園”から着想を得て生まれました。来場者はレストラン内に装飾されている「エディブルフラワーの花畑」から「食用花」と「ハーブ」を摘み取って、自分だけの花のドリンクをカスタマイズ。それを空間内の装花アートと一緒に写真撮影できます。今回は6種類のハーブと6種類のエディブルフラワーの中から自分好みにカスタマイズすることができる「クラフトフラワーモヒート」または「クラフトモヒートソーダ」780円(税抜)づくりをご体験いただきます。

 EDIBLE GARDEN公式Webサイト: (リンク »)
 edalab.公式Webサイト: (リンク »)
 飲む植物園Webサイト: (リンク »)


■化学農薬不使用栽培の最高品質のエディブルフラワーを摘んで食すアート

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

空間を彩るのは、食べられる花屋が監修する最高品質の国産エディブルフラワー。ミシュランガイド星つきレストランでも採用されている障がい者福祉施設で栽培する各種食用花を中心に空間を演出します。

[画像5: (リンク ») ]

■AYUMIの栽培ストーリー動画 -障がい者福祉施設発、平均の2倍以上の鮮度保持期間を実現した食用花-

[動画: (リンク ») ]


障がい者福祉施設に実装した植物工場で農薬不使用の水耕栽培で育てられているAYUMI。収穫後12時間以内に直送するほか、「収穫する時間帯」「品質の点検」「梱包」「予冷」「出荷」の5つのプロセスで鮮度を保つ工夫をすることで、通常の2倍以上の鮮度保持期間を実現しています。レストランやホテル、ウェディング会場で取り扱っていただくことにより、全国の障がい者福祉施設における工賃の2倍をお支払いする農福連携を実現しています。

■期間限定のエディブルフラワーメニューが登場
体験型アート「おいしい花畑」は、池袋サンシャイン通り店限定ですが、同店舗を含む「ITALIAN RESTAURANT & BAR GOHAN」の直営7店舗にて、食べられる花屋EDIBLE GARDENの食用花をつかったメニューが登場します。紫色が美しい「バタフライ ボタニカルソーダ」「バラフライ ボタニカルサワー」、ローズピンクの「ローズソーダ」「ローズモスコミュール」の4種類が各580円(税抜)。エディブルフラワーに彩られる食事体験をお楽しみください。

■主催者のプロフィール
食べられる花屋「EDIBLE GARDEN」
[画像6: (リンク ») ]

日本で唯一の100%化学農薬不使用のエディブルフラワー(食べられる花)専門店。指定の生産者による国内最高品質の食用バラをはじめ、ミシュランガイド星付きレストランでも愛用されるエディブルフラワー各種(生食用花・ドライ)を取り扱う。食用花の食事シーンを増やすために、大学と食用花の栄養価や香気成分の分析も研究中。
- 公式サイト: (リンク »)

フラワーアーティスト「edalab.」
[画像7: (リンク ») ]

edalab.は2016年より始動した前田裕也の植物プロジェクト。京都に拠点を構え、店舗植栽やブライダル装花、イベントを中心に活動しながら並行してアートワーク『花面』などの制作も行う。また、セキネトモイキと結成したフードインスタレーションユニット[飲む植物園]の視覚担当としても活動中。
- 公式サイト: (リンク »)

■開催期間
 2019年10月8日(火)19:30~11月11日(月)
※エディブルフラワーがなくなり次第終了します
■営業時間・定休日
月~金、祝前日: 11:00~15:00
17:00~翌0:00
土、日、祝日: 11:00~翌0:00
※月~金、及び祝前日は15:00~17:00の間をCLOSEとさせて頂きます。
定休日 :無休

■開催場所
 ITALIAN RESTAURANT & BAR GOHAN 池袋サンシャイン通り店
 〒170-0013
 東京都豊島区東池袋1丁目21−13 aune池袋 3F
■アクセス
 JR・地下鉄 池袋駅 徒歩3分
 池袋駅32番出口 徒歩3分
■ITALIAN RESTAURANT & BAR GOHAN 池袋サンシャイン通り店
  (リンク »)
  ITALIAN RESTAURANT & BAR GOHAN 全店舗
   (リンク »)

dot scienceについて
dot scienceはシェフ、マーケター、科学者を中心に構成された食の領域の課題解決に取り組む専門家集団です。「FOOD VISIONING」を掲げて、理想の「食」の未来像を描きながら、課題解決にチャレンジします。「ビジョニング」の意味は、「継続的に変化していく世の中の未来を見据える」ということです。様々なものが、刻一刻と変化する社会環境から見据えていくのは、わたしたちの「食」の未来。それを時代に合う形で変化させていきながら、良いものをつくる生産者が、100年後までその事業を続けられるような、そんな未来を模索していきたいと考えています。社名の「science」とは、科学的知識体のこと。これは、各業種ごとに点在する個々のプロフェッショナルによる集合体を意味しています。2017年10月に、たべられる花屋EDIBLE GARDENを。2018年1月には、「香りをたべる」アイスクリームブランド「FRAGLACE」をリリース。

■ EDIBLE GARDEN (リンク »)
■ FRAGLACE (リンク »)
■ THE OMOCHI (リンク »)
■ THE ROSE (リンク »)

会社概要
会社名: dot science株式会社
資本金: 2,900,000円
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目11番3号
電話番号: 03-4540-4271
代表取締役: 小澤 亮
ホームページ: (リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]