編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Levi's(R)がSeiho “Wareru feat. 5lack”とのコラボレーションムービーリリース

リーバイ・ストラウス ジャパン 株式会社

From: PR TIMES

2019-10-10 10:00



[画像1: (リンク ») ]




Levi’s(R) が、Seihoの話題の新曲 “Wareru feat. 5lack”とタッグを組み、
スマートジャケット「Levi’s(R) Trucker Jacket with Jacquard™ by Google」のコラボレーションミュージックビデオをリリース

気鋭の映像作家 木村太一が、テクノロジー/愛/記憶をテーマに撮り下ろし

[画像2: (リンク ») ]

リーバイス(R)は、2017年秋にアメリカで発売し世界を賑わせたGoogleのJacquard ™ のテクノロジーを搭載したスマートジャケットの第二弾として、仕様がさらにアップデートされた「Levi’s(R) Trucker Jacket with Jacquard™ by Google」を、10月5日 (土)にリーバイス(R)ストア全店、リーバイス(R)オンランストア(levi.jp)、ビームスの一部店舗などで発売を開始しました。

リーバイス(R)は、常にブランドの根底にあるヘリテージとイノベーションの精神を具現化した本プロジェクト「Levi’s(R) Trucker Jacket with Jacquard™ by Google」の日本でのローンチにあたり、先日配信を開始し話題となっているSeihoの新曲“Wareru feat.5lack”とパートナーシップを組んだコラボレーションミュージックビデオを発表します。

この企画は、ロンドンをべースに世界で活躍する映像作家の木村太一氏を迎え、リーバイス(R)が本プロジェクトに掲げるメッセージ“CONNECTED NOT DISTRACTED(つながる。とぎれることなく)”にインスピレーションを受け制作されました。どこかなつかしい夏の終わりの記憶を想起させる「Wareru feat.5lack – Seiho」は、常にアップデートされ古くなっていくテクノロジー(電子音)に、生音を融合することで普遍的な記憶や想いを投影するという、Seihoが音楽を創るうえで大切にしている想いが、5lackのラップと相まって遺憾無く無く発揮された楽曲になっています。本ビデオは、テクノロジーとかたちあるものの物語を、まさに織り機(Jacquard)で織るように紡がれています。監督を務めた木村太一はこう述べています。「いつもあるような日常の中に美しさを見つけるというのは、情報に溢れすぎている現代では物凄く、難しくなっていると思っています。本作はそこに焦点を置いたような作品です。自分自身、イギリスに行かずに日本に居たら、こういう世界が待っていたのかもしれないと思いながら行った撮影は、笑顔に溢れつつ、どこか切ない気持ちも常にありました。キャラクターの感情やセリフのやりとりに特に力を注ぎ込んだ今作品は、間違いなく僕の新境地になったと思っておいます。」


「Levi’s(R) Trucker Jacket with Jacquard™ by Google」は、一見何の変哲もないトラッカージャケットでありながら、日々の生活を便利にするテクノロジーを持ち合わせています。スマートフォンの画面に縛られることなく、目と目を見て話をしたり、音楽をかけたり、写真を撮ったり、今目の前に広がる素晴らしい瞬間を途切れさせることなく人とつながり、今しかない時間に心を置くことができるのです。
“CONNECTED NOT DISTRACTED(つながる。とぎれることなく)”。 リーバイス(R)のヘリテージとイノベーションが融合し、デニムは次の時代の幕をあけます。

コラボレーションミュージックビデオ:
MV
[動画1: (リンク ») ]



FULL VERSION


[動画2: (リンク ») ]



「Levi’s(R) Trucker Jacket with Jacquard™ by Google」


[画像3: (リンク ») ]


アーティストについて:
Seiho

[画像4: (リンク ») ]


大阪出身のアーティスト/プロデューサー/DJ。
米 Pitchfork や米 FADER など多くの海外メディアからのアテンションを受けながら、
LOW END THEORY、SXSWといった海外主要イベントへも出演。
国内外問わずアーティストのプロデュースやリミックスを手がける他、
ファッションショーや展覧会などの空間音楽、映像作品の音楽プロデュースも行う。
自身でもインスタレーション作品を発表するなど、音楽家の垣根を超え、表現の可能性を追求している。
公式Instagram: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)
公式HP: (リンク »)

5lack

[画像5: (リンク ») ]


5lack a.k.a 娯楽 (またはs.l.a.c.k.)。日本・東京出身のラッパー / トラックメイカー。実兄のPUNPEE、地元の先輩GAPPERと組むPSGの一員としても知られ、他にもBudaMunk、ISSUGIと結成したSick Teamに、Olive Oilとのユニット・5Oとしても活動する。ソロとしても、計5枚のアルバムの他に、EP / MIXCD / Free DL作品などを発表しており、野田洋次郎のソロプロジェクト・illion / DJ KRUSH / KOHH / Kojoe / RUDEBWOY FACEらとの共演作も発表している。また、2015年の年末から放送されている、NTTドコモによる2020年東京オリンピックのキャンペーンCM “Style ʼ20 “にも楽曲提供を行うなど、アンダーグラウンドな立ち位置はそのままに、活動の幅を広げ続けている。
2018年に入ると2月に5Oとしての新作を発表し、3月に行われた恵比寿Liquid roomでのワンマンはチケット即完売。7月には新曲’ Twiligh Dive’を配信シングルとして発表。同タイミングで過去作も一挙にDL & ストリーミングの解禁。その直後に行われた、Fuji Rock Festival 2018・RED MARQUEEでのライブは、豪雨の中にも関わらず、満員の会場で初出演とは思えぬ貫禄のライブを披露し、10月の赤坂ブリッツでの単独公演開催のアナウンス。「KESHIKI」と名付けられた今年2度目のワンマンもチケットは完売し、その公演中に、3年振りとなるソロ・アルバム「KESHIKI」を11月にリリースすると発表。そして潜伏期間が続く…。

木村太一

[画像6: (リンク ») ]


87 年東京生まれ、ロンドン在住。 CEKAI / CAVIAR UK所属。
映画監督を目指し、12歳で単身渡英し映像制作を学ぶ。
The Chemical Brothers、Knife Party、Sub Focus、CHASE & STATUSを 始めとした、多くの海外アーティスト のドキュメンタリー / MVを発表する。2016年には自主 制作短編映画「LOST YOUTH」はBOILER ROOM初の映画上映。2017 年にはデイビッド・ リンチがオーナーのパリのプライベートクラブ「SILENCIO」にて招待上映など、海外のメディアで高い評価を受けた。2019 年にはショートフィルム「Mu」を発表し、大きな反響を得た。初の長編映画 「NEON」の制作も控えているなど、ジャンルを横断し活動中。 (リンク »)


About the Levi’s(R) brand
1873 年に世界で初めて「ジーンズ」を誕生させ、1890 年には 501(R)を発表、「伝統と革 新」というコンセプトのもとに様々な銘品を世に贈る Levi's(R)。いつの時代も核となってき た 501(R)を中心に新しいスタンダードを打ち出し続ける Levi's(R)ジーンズは、時代を切り拓い てきた世界中のパイオニア達に愛され、今もなお、最良の定番として愛され続けています。

About Jacquard™ by Google)
Jacquard とは、洋服など、毎日接する身近なものに、プラットフォームとしてのコネクティビティとインタラクティビティをブレンドさせるプロジェクトです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]