編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

矢沢永吉が表紙「Rolling Stone Japan」最新号が緊急重版決定!

TSUTAYA

From: PR TIMES

2019-10-10 10:00

~10月10日(木)より全国の書店およびネット通販で重版分を販売予定~

CCCグループで音楽に関する生活提案事業の運営と業態開発を行うCCCミュージックラボ株式会社(代表取締役社長:中西 一雄)が発行する矢沢永吉が表紙の「Rolling Stone Japan vol.08」の最新号において、9月25日の発売直後から全国書店・ネット通販サービスにて完売が続出し、多くの読者様からの増刷のご要望を頂いたことをふまえて、急遽重版を決定いたしました。



Rolling Stone Japan: (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

 最新号は、9月14日で70歳を迎え40年以上もトップランナーとして走り続けてきた矢沢永吉をフィーチャー。海外の名だたるプレイヤー達と手を組み、満を持して発売した渾身のアルバム『いつか、その日が来る日まで…』を発売する1カ月前のタイミングで、Rolling Stone Japanとして10年ぶりにプロインタビュアー吉田豪が独占インタビューを行いました。キャロル解散頃の記憶、ソロデビューしたばかりの頃、そして矢沢の現在地を探ったファンにとっては永久保存版となる一冊です。

 これまで語られることのなかった想いやエピソードとともに、10月12日には43年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂のライブに合わせ、1976年のソロ凱旋ライブ「ザ・スター・イン・ヒビヤ」の貴重なフォトギャラリーも掲載しております。

 また、特別付録はBABYMETAL撮り下ろしのスペシャルポスター。10月11日に最新アルバム『METAL GALAXY』リリース、10月12日(日本時間)には米国で初となるアリーナ公演「LIVE AT THE FORUM」を開催する彼女たちは、世界基準の「KAWAII METAL」として、どこに向かおうとしているのか? SU-METAL+MOAMETALインタビュー、『METAL GALAXY』レビュー、プロデューサーKOBAMETALインタビュー、盟友ブリング・ミー・ザ・ホライズンとのスペシャル・インタビューなど、世界の大舞台で勝負し続けるBABYMETALの真髄に美麗フォトを交えながら計22ページにわたって迫ります。
[画像2: (リンク ») ]

 今後も、CCCミュージックラボは、「Rolling Stone Japan」などを通じて、お客様のミュージックライフがより楽しく豊かになる提案を目指してまいります。

■「Rolling Stone Japan」について

[画像3: (リンク ») ]

 1967年に米国サンフランシスコにて創刊したRolling Stone誌は、半世紀以上に渡り世界のポップ・カルチャーを牽引してまいりました。現在は、日本を含む世界12カ国にて雑誌・WEB・イベントなど幅広く展開。2007年に日本版が創刊し、2017年よりCCCグループがライセンスを取得し、リニューアル創刊。毎号読者が保存版として購入していただけるような「深く」「リッチ」な雑誌作りを掲げ、年に4回発行しております。

・媒体名:Rolling Stone Japan vol.08(11月号)
・重版搬入日:2019年10月10日より順次(予定)
・定価:1,000円(税別)
・雑誌コード:19713-11
・発行元:CCCミュージックラボ株式会社
・発売元:株式会社ネコ・パブリッシング

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]