編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「介護関連BPOサービス」を住友生命とアクサ生命に提供開始

株式会社ドリームキャッチャー

From: PR TIMES

2019-10-10 11:00

介護に関するトータルコーディネートを実現する新しい介護関連BPOサービス

株式会社ドリームキャッチャーは、2019年10月1日より介護に関するトータルコーディネートを実現する新しい介護関連BPOサービスを開始し、同時に、住友生命保険相互会社とアクサ生命保険株式会社が共同で開発した新しい介護関連サービス「ウェルエイジングサポートあすのえがお」専用コールセンターとしてサービス提供を開始いたしました。

株式会社ドリームキャッチャー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 大倉 輝久、以下「ドリームキャッチャー」)は、ヘルスケアBPO(Business Process Outsourcing)領域におけるソリューションプロバイダーとして、2019年10月1日より介護に関するトータルコーディネートを実現する新しい介護関連BPOサービス(以下、「新サービス」)を開始し、同時に、住友生命保険相互会社(本社:大阪府大阪市、取締役代表執行役社長:橋本 雅博、以下「住友生命」)とアクサ生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:安渕 聖司、以下「アクサ生命」)が共同で開発した新しい介護関連サービス「ウェルエイジングサポートあすのえがお」専用コールセンターとしてサービス提供を開始いたしました。

[新サービス概要]
介護支援専門員(ケアマネジャー)、社会福祉士等の介護及び看護の専門資格を持つオペレーターが公的介護保険制度に関するご質問をはじめ公的介護保険外の様々なサービスのご案内や介護に関するあらゆるお悩みやご相談にお応えするBPOサービスです。

[「ウェルエイジングサポートあすのえがお」専用コールセンターの業務概要]
住友生命とアクサ生命が2019年10月1日より一部地域で提供開始した新介護関連サービス「ウェルエイジングサポートあすのえがお」とは、多様化する介護関連ニーズを包括的にカバーし、「住友生命」と「アクサ生命」がお客様に新たな価値を提供するサービスです。
ドリームキャッチャーは「ウェルエイジングサポートあすのえがお」専用コールセンターとして、1.公的介護サービスに関するご相談、2.介護施設のご相談や情報収集、在宅介護関連のサービス利用、資産管理に関する各サービス提供会社の紹介、3.介護に関する様々なお悩み・ご相談のセンター運営を担当いたします。

今後もドリームキャッチャーは有資格者による公的介護保険制度に関するご相談、公的介護保険外のサービスのご案内を含め、ヘルスケア分野における様々なBPOサービスを拡充し、お客様の課題解決に取り組んでまいります。

[会社概要]
名 称:株式会社ドリームキャッチャー
事業内容:ヘルスケアBPOサービス / ヘルスケアHRサービス / コンタクトセンターサービス / 医療通訳サービス
設 立:2014年7月
資 本 金 :328百万円(資本準備金含む)
本社所在地:大阪府大阪市中央区今橋4-3-22
代 表 者 :代表取締役社長 大倉 輝久
ホームページ: (リンク »)

[本件に関するお問合せ先]
株式会社ドリームキャッチャー
経営企画室
Tel : 06-6282-7309
Mail : info@dreamcatcher.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]