編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

第1回インターナショナル・ダイブEXPO開催

フィリピン政府観光省

From: PR TIMES

2019-10-10 14:45

フィリピン国内のダイビングサイトをプロモーション ~2019年9月20日(金)~22日(日)、コンラッドマニラ~

フィリピン政府観光省(正式英語団体名:Republic of the Philippines, Department of Tourism、以下DOT)は、2019年9月20日(金)より22日(日)まで、フィリピン・マニラに位置するコンラッドマニラにて、第1回目となる「フィリピン・インターナショナル・ダイブEXPO(Philippine International Dive EXPO、以下PHIDEX)」を開催しました。



[画像: (リンク ») ]

「フィリピン・インターナショナル・ダイブEXPO (PHIDEX)」 公式サイト www.phidex.asia

ダイビングの専門家、科学者、海洋保護専門家、世界中のダイバーやインフルエンサー、水中写真家、水中ビデオ撮影者などが参加するPHIDEXでは、フィリピン国内でのダイビングに関する知識の共有やネットワークの構築を目的としています。

「このたび、世界のダイビング業界におけるフィリピンの地位確立のため、PHIDEXを開催します。このイベントが、ダイビング初心者やダイバーの間で、持続可能な観光を促進するよい機会になると期待しています。60名以上のダイビング業者が、欧米、アジア、オセアニア諸国からPHIDEXに参加し、ダイビング会議でフィリピンの関係者と意見交換を行うとしています。ダイビング会議と同時に実施される、ダイビングを扱う旅行業者とダイビング業者間の交流により、両者のビジネスの発展を促進します。」(フィリピン政府観光省ベルナデット・ロムロ・プヤット大臣のコメント)

2018年、フィリピンへの海外旅行者数は720万人を超え、過去最高記録となりました。日本は、韓国、中国、米国に次ぎ第4位のマーケットとして、フィリピンを訪れた渡航者は、2016年には53万人、2017年には58万人、2018年には、63万人と好調に推移しています。日本からは、羽田、成田、大阪、名古屋、福岡、札幌からマニラ、セブ、クラーク間において直行便が運航しています。

フィリピン政府観光省では、消費者をターゲットとしたフィリピンの有する観光素材や魅力をお得なツアー情報やアクセス至便な予約サイトと連動した、日本市場に向けた観光喚起に繋がる施策を今後も実施してまいります。

フィリピン政府観光省 公式サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]