編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サントリー文化財団 2019年度「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」募集

サントリーホールディングス株式会社

From: PR TIMES

2019-10-10 16:05

公益財団法人サントリー文化財団(理事長 鳥井信吾)は、2019年度「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」を下記の通り募集します。

本助成は、人文学、社会科学の分野において、学問的な新しい地平を切り拓こうとする、意欲ある若手研究者の支援を目的としています。専門領域からの飛躍を目指す若手研究者の研究を対象とし、彼らの積極的なチャレンジをサポートするものです。助成期間中には、助成を受けた方々と異分野の識者が集まる研究報告会を行い、学際的な視野を広げ、相互研鑽する場を設けます。

― 記 ―
1.助成対象研究
原則として、2020年4月1日時点で博士前期(修士)課程修了以上35歳以下の若手研究者による人文学、社会科学分野の個人研究とします。斬新な発想で取り組む大きな展望を持った研究であると同時に、学術的、社会的に広がりのある研究を対象とします。

2.助成金額・期間
1件あたり100万円を上限として、申請額の満額支給を原則とします。助成対象期間は2020年4月1日から2021年3月31日までの一年間とします。

3.助成金の使途
研究に必要な経費とし、使途は定めません。

4.申請締切
2019年11月11日(月)〈消印有効〉

5.選考方法
選考は当財団の選考委員会において行い、理事会で決定します。

6.助成決定
2020年3月の予定

7.申請書類の入手 下記(1)(2)いずれかの方法で入手してください。
(1)Webサイトの場合
サントリー文化財団のWebサイト (リンク ») から申請要項・申請書をダウンロードしてください。

(2)郵便の場合
住所・氏名を記入した角2サイズの返信用封筒(A4サイズの入るものに140円切手を貼付)を同封の上、下記の研究助成係にお申し込みください。折り返し、申請要項と申請書を送付します。

8.申請方法 下記宛先に簡易書留など配達記録が残るもので送付してください。
〈宛先〉
〒530-8204 大阪市北区堂島2-1-5 サントリーアネックス9階
公益財団法人サントリー文化財団「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」係

*サントリー文化財団研究助成(公募)について
当財団は、1979年の財団設立以来、人文学、社会科学の分野において、広く社会と文化を考えるための国際的、学際的なグループ研究活動に対し助成を行ってきました。設立40周年を迎えた本年度は「〈知〉をつなぐ、〈知〉をひらく、〈知〉をたのしむ」のコンセプトのもと、多様な領域で〈知〉にかかわる人を支援し、豊かな〈知〉の発展に貢献することを目指し、一部プログラムの名称変更と要項改定を行いました。
現在は、研究助成「学問の未来を拓く」(旧「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」)、研究助成「地域文化活動の継承と発展を考える」(旧「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」)、「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」の計3つのプログラムを設けています。2018年度までの助成数は1,177件にのぼり、それらの成果は論文発表・図書出版など広く内外に発表されています。

*この件に関するお問合せ先
公益財団法人サントリー文化財団「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」係
TEL 06-6342-6221   FAX 06-6342-6220
ホームページ  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サントリーホールディングス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]