編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

溢れ出す”バス愛”をMC・武井壮が称賛!「BACKSTAGE」小さなバス会社を作った社長!赤字でも路線バスを続ける理由とは?

株式会社CBCテレビ

From: PR TIMES

2019-10-10 17:15



[画像1: (リンク ») ]

2019年10月13日(日)よる11:30放送 『BACKSTAGE』
番組MCに武井壮が就任し、『BACKSTAGE』はパワーアップ!日の目を見ないが、ひたむきに働く人の“強い仕事愛”を浮き彫りにしていく。
[画像2: (リンク ») ]

今回は、東京都東村山市にある銀河鉄道株式会社の舞台裏。バスが好きすぎてひとりでバス会社を作った社長に密着します。
設立は1999年。「銀河鉄道999」にちなんだ社名を持つ小さなバス会社が運行するのは、東村山の町を循環する路線と小平駅と国分寺駅を結ぶ路線。経費削減のため、社長自らデスクワークからバスの運転、掃除まであらゆる仕事をこなします。
[画像3: (リンク ») ]

社長がバスを愛するようになったのは、幼少時代の体験から。実家の目の前にバス停があり、毎日大きなバスを見ては心を躍らせていました。
大学を卒業し、実家の酒屋で働きはじめてしばらく経った23歳のとき、自家用車として700万円の中古バスを購入。その後もお金を貯めては新たにバスを購入し、ついにバス会社「銀河鉄道」を創業。送迎バスの仕事からスタートし、「バスを地域に活かしたい」という想いから、駅までの交通機関がなくて困っていた東村山の人たちのために路線バスを開通させました。
[画像4: (リンク ») ]

「見えないところにお客さんがいるかもしれない。常に気を抜かず安全第一」と、通過するバス停を乗客がいなくてもアナウンスする姿や、運行を終えたバスを見回し、傷を見つけたときは「バスを気遣うことは、乗客を気遣うこと」をモットーに乗務員に指導する姿も……。
[画像5: (リンク ») ]

バスの運行が終わった夜、運転手が掃除を済ませたにもかかわらず、バスに話しかけながらもう一度掃除する社長。幼い頃から持ち続けるバスへの憧れを胸に、今日も地域に欠かせない足として安全に運行しています。

【10/13「BACKSTAGE~小さなバス会社を作った社長!赤字でも路線バスを続ける理由とは?~」番宣動画】
[動画: (リンク ») ]



【放送日】2019年10月13日(日)
【時間】よる11:30
【MC】武井壮
【ゲスト】朝日奈央
【テーマ】小さなバス会社を作った社長!赤字でも路線バスを続ける理由とは?
【番組HP】 (リンク »)
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]