編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リーガルテック社が「AOSデータルーム MarTech」の提供を開始

リーガルテック株式会社

From: PR TIMES

2019-10-10 15:00

クライアントの極秘情報などを安全に管理して情報漏えいを未然に防止

eディスカバリ、フォレンジック、VDR、及び司法インフラLegalSearch.jpを提供しているリーガルテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 佐々木 隆仁)は、知財デューデリジェンスを行う際に重要な文書を共有するためのプラットフォーム、「AOSデータルーム MarTech」の提供を開始しました。



■「AOSデータルーム MarTech(マーテック)」とは
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

機密情報共有クラウドサービス AOSデータルームをカスタマイズして、MarTech、つまりマーケティング情報共有に特化したシステムです。「AOSデータルーム MarTech」は、各分野のマーケターに対して大きな効果を発揮し、特に重要な判断をするCMO(Chief Marketing Officer、最高マーケティング責任者)に役立ちます。さまざまな企業が効率性とセキュリティを向上させ、重大な情報漏えいを防ぎ、最終的に収益を向上させることができます。

■「AOSデータルーム MarTech」の6つの特長
[画像2: (リンク ») ]


・膨大な量のデータを簡単かつ迅速に保存する「オンライン貸金庫」
・資料を効率よく共有して「コスト削減」
・紙の情報の紛失リスクやデータ漏えいを未然に防ぐ「安全なデータ保護」
・意思決定レベルに応じた「アクセス制御」が可能
・高度に情報管理されたアプリで「スマホ、タブレット対応」も万全
・多言語対応で世界中のクライアントと「タイムリーな共有」

■「AOSデータルーム MarTech」が活躍する分野
[画像3: (リンク ») ]

アナログ媒体でのやり取りが中心だった分野で力を発揮します。昨今のマーケティング活動ではちょっとした遅れや情報漏えいが命取りとなることが少なくありません。競争環境がますます激化する中で、他社に差をつけるためにもセキュアで手軽な「AOSデータルーム MarTech」が皆様のビジネスを強力にサポートします。

「AOSデータルーム MarTech」の詳細は以下のURLからご覧ください。
■マーケティング情報共有システム AOS データルーム MarTech
(リンク »)

【リーガルテック株式会社について】
名 称:リーガルテック株式会社 代表者:佐々木 隆仁
設 立:2012年6月 
所在地:東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル4F
資本金:5,100万円 
URL: (リンク »)
1995年創業のリーガルテックの老舗。AOSテクノロジーズ株式会社の100%子会社として2012年に設立。以来、フォレンジック、eディスカバリ,VDR、及び司法インフラLegalSearch.jpを提供している。2015年には犯罪捜査や企業の不正検証の技術で国民生活の向上に著しく貢献するとして第10回ニッポン新事業創出大賞で「経済産業大臣賞」を受賞。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]