編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

情報漏洩の危険性が高い環境でのPC業務を助けるプライバシーフィルター用に作業ノートPC向け3M初 ヒンジタイプの装着具が登場「3M(TM) コンプライ(TM) アタッチメントシステム」新発売

スリーエム ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2019-10-11 10:00

2019年10月15日より販売開始



 スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダーロウ)は10月15日 「3M™ コンプライ™ アタッチメントシステム」を4種発売します。

[画像1: (リンク ») ]



 「3M™ コンプライ™ アタッチメントシステム」は、ベゼルレス(狭額縁)のディスプレイのノートPCでも、プライバシーフィルターを装着することができる、3M初のヒンジタイプの装着具です。
装着後も、簡単なフリップ操作で液晶画面のプライバシー保護と共有を切り替えることができます。また、
3M独自の高耐久フィルムにより、毎日の酷使にも優れた耐久性を維持します。このフィルムの技術は、高耐久が求められる飛行機や電車、自動車などのラッピングフィルムとしても採用されています。
 様々なタイプのノートPCに対応する、3Mのプライバシーフィルターで使用することが出来ます。
製品は、今後順次3MのノートPC用プライバシーフィルターに同梱され、また製品単体でも購入することが可能になります。
 3Mは、プライバシーフィルターのパイオニアメーカーとして、外出の多いビジネスマン、リモートワーカー、
医療従事者、官公庁関係者、教育関係者など、情報漏洩リスクのあるあらゆる業種の方をサポートします。

【3M™ プライバシーフィルター について】

[画像2: (リンク ») ]

デジタルデータの情報漏洩対策には莫大な額が投資されますが、そのままでは覗き見による画面情報の物理的な漏洩の攻撃に対する脆弱性に課題が残ります。3Mのプライバシーフィルターは、ディスプレイ正面にいるユーザーには画面をクリアに見せつつ、悪意を持った横からの覗き見に対しては画面の光を遮ってブロックします。この製品を装着することは、画面情報漏洩のリスク回避のための簡単な投資ともいえます。


【3M™ コンプライ™ アタッチメントシステム 装着方法】

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


「3M™ コンプライ™ アタッチメントシステム」の特長
ディスプレイ製品事業部・プライバシーソリューション部門マーケティングの森田泰輔は以下のように語っています。
「“働き方改革”により、業務環境はますます多様化しています。PCを使用するのは、オフィスに限らず、
コワーキングスペース、シェアオフィス、カフェ、外出先、移動中…と、様々です。その分、PCのモニターを周囲の目にさらされる機会が増加するとともに、情報漏洩対策へのニーズも高まり、のぞき見防止フィルターを装着する方も増えています。
 3M™ プライバシーフィルターは、様々なPCのサイズに合わせたラインアップとなっています。その中でもここ数年、モニターのサイズを大きくするためベゼルレスタイプのノートPCが増えてきました。そこで、ベゼルレスタイプのノートPCでも、フィルターをしっかり装着し、かつ必要な時にはフィルターを片手で持ち上げることで、他の方と画面を共有できる装着具を開発しました。フィルムと両面テープで装着するので、画面からフィルターが浮くことなく装着でき、外出中でも快適なPC作を行うことができます。」

3M™ コンプライ™ アタッチメントシステム 製品ラインアップ

[画像5: (リンク ») ]

製品に関するお問い合わせ先
カスタマーコールセンター TEL: 0120-615-110

MacBookは米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
3M、COMPLY、コンプライは3M社の商標です。


【3Mについて】
 3M(本社:米国ミネソタ州)は、Science(サイエンス)を活かし毎日の暮らしをより豊かにすることを目指しています。売上高は320億ドルで、9万1,000人の社員が世界中のお客様の課題解決にむけて、創造的なソリューションを提供しています。3Mに関する詳しい情報は、www.3M.com/ @3M/ @3MNewsroom (Twitter)をご覧ください。また、3Mジャパングループについてはwww.mmm.co.jpをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]