編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

宝島社×ドトール初コラボ!商品パッケージ、メニュー開発から、カフェ店内の装飾まで!

株式会社 宝島社

From: PR TIMES

2019-10-11 12:00

北欧デザイン『kippis(R)』で女性新規顧客を開拓!10/1からコラボ続々実施!



ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、株式会社ドトールコーヒー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:星野正則)と協業し、ドトールコーヒーが運営する「カフェ レクセル」におけるメニュー・商品開発および、店内装飾のプロデュースを実施。2019年10月1日より、コラボ第1弾として、オリジナルパッケージのドリップコーヒーを、カフェ レクセル全店にて発売しました。

[画像1: (リンク ») ]

今回のコラボレーションでは、宝島社が開発・保有する北欧デザインのライフスタイルブランド『kippis(R)(キッピス)』の北欧の自然や暮らしをモチーフにしたオリジナルのテキスタイル柄を用いて、パッケージ開発や店舗プロデュースを行います。また、フィンランド人の料理家・ヨハンナ氏と共同開発した北欧メニューも販売します。

『kippis(R)』は、多くの有名ブランドの本を手がけてきた編集者が、北欧取材を行うなかで、北欧のテキスタイル文化に出会い、現地のデザイナーを発掘したことから、2012年にスタートしたブランドです。創設当初は、自社商品(出版物)としてバッグや傘、手帳などを販売してきましたが、反響が大きく、ご好評をいただいたことから「オリジナルブランド」として2015年10月よりライセンス事業をスタートしました。

宝島社は、ファッション雑誌付録の先駆者として、2004年からファッション誌全誌に付録を付けて販売。2005年以降は、企業と一緒に作ったオリジナル付録付きの“ブランドアイテム付きブック”を1800種類以上刊行し、現在まで累計7300万部を突破するなど、多くのもの作り・コンテンツ作りを行っています。そこで培われた編集力やノウハウを『kippis(R)』にも活かし、様々な企業の商品開発のお手伝いをしています。また、ファッション雑誌販売部数トップシェアの媒体力を活かして、雑誌やSNSなどで情報発信も行っています。

これまでは暮らしにまつわる商品のコラボレーションを行ってきた『kippis(R)』ですが、生活全般を豊かにできるライフスタイルブランドであることを表現できるコラボレーションを実現したいという思いから、ドトールコーヒーにオファー。ドトールコーヒーから『kippis(R)』のコンセプトやテキスタイル、宝島社に魅力を感じていただいたことから、即決いただき実現しました。

宝島社は今後も、企業理念である「人と社会を楽しく元気に」のもと、異業種の企業や流通とコラボレーションしながら、より多くの方に喜んでいただける商品の開発やサービスのサポートなど、様々な業界の活性化に寄与してまいりたいと考えています。
(※)日本ABC協会 雑誌発行社レポート2018年下半期(7~12月)より

■コラボ実施内容
◇第1弾:10/1(コーヒーの日)~
『kippis(R)』オリジナルパッケージで「Happy Drip Coffee」4種類を発売!

[画像2: (リンク ») ]



(左上)レクセルオリジナルブレンド
(左下)メキシコプルマサンファンティピカ
(右上)エチオピアイルガチェフェG1 ウォッシュド
(右下)インドネシアマンデリン G1スマトラ リントン


【価格】各220円(税込)
『キッピス』のHortensia(あじさい)柄を使用したオリジナルデザインパッケージのドリップコーヒーは、
プチギフトに最適です。コーヒー粉量を12g使用しており、カフェ レクセルのお店で味わう贅沢なおいしさが
お手軽にお楽しみいただけます。
[画像3: (リンク ») ]


『キッピス』のTalvipuutarha(冬の植物園)柄を使用した
オリジナルデザインのギフトボックスもご用意!


◇第2弾:12/5~
1.共同開発したコラボメニュー&『kippis(R)』による店内装飾スタート!
北欧でスタンダードな食材を使い、 『キッピス』とドトールコーヒー、フィンランド人の料理家・ヨハンナさんと共同開発したコラボメニューの販売がスタート。
[画像4: (リンク ») ]


スモーブロー~スモークサーモン&ローストポーク~
店内飲食 :920円(税込)




[画像5: (リンク ») ]


ヨーグルトムースといちごのソース
店内飲食 :580円(税込)


共同開発者:
フィンランド人料理家・ヨハンナさん

[画像6: (リンク ») ]


フィンランド出身の北欧フードコーディネーター。
幅広く北欧料理を広める 活動を行っている。
メディアやカフェ向けの北欧料理メニューの監修・プロデュース、スタイリングやトークイベントも実施。
フィンランド料理教室の講師としても活躍中。


2.「カフェ レクセル」の店内装飾のコラボレーションスタート!
「カフェ レクセル」の店内を『キッピス』で店内装飾します!

・トレイに敷くペーパーシートに『キッピス』のテキスタイルを採用!
・ 『キッピス』商品のディスプレイ棚を設置&販売
・販売スタッフが『キッピス』のエプロンを着用
・ガーランドやカッティングシートを用いての装飾
・POPボードの設置               などの展開を予定!

◆ kippis(R)(キッピス)とは・・・
ファッション雑誌やブランドアイテム付録を開発する宝島社が、開発・プロデュースする北欧デザインのライフスタイルブランド。

北欧で活躍するデザイナーが描く、北欧らしい自然や暮らしをモチーフにした温かみのある柄が特徴です。創設の発端は宝島社の編集者が北欧取材を行う中で現地のデザイナーを発掘したこと。
編集部自ら、オリジナルデザインの開発・プロデュースを行い、『kippis(R)』として2012年に創設しました。自社商品(出版物)としてバッグや傘、手帳などを販売してきましたが、反響が大きく、ご好評をいただいたことから「オリジナルブランド」として、2015年10月よりライセンス事業をスタートしています。
『kippis(R)』とは、フィンランド語で「乾杯」の意味。


一日の終わり、ほっと解き放たれるような感覚をくれる「乾杯」の瞬間は、日々の暮らしのごほうびのようなもの。そんなあたたかなひと時をイメージして、デザインを展開しています。
これまでバッグブランド「レスポートサック」や川辺(株)、一広(株)など多種多様な企業にデザイン提供を行っています。
[画像7: (リンク ») ]


『kippis(R) 2WAYボストンバッグ&サコッシュ BOOK』   発売日:2018年6月21日
価格:本体2250円+税


◆ これまでの『キッピス』の提携先 ◆

[画像8: (リンク ») ]


ハンカチ・バスタオル
一広株式会社

キッピスの柄を再現したタオルは、ふわっとした気持ちのよい素材感が特長で、ミニハンカチやバスタオル、さらにストールやタオル素材のバッグ、エプロンなど、大ボリュームで展開しています。


[画像9: (リンク ») ]


ハンカチ・バッグ
川辺株式会社
ハンカチやエコバッグなど、気軽なギフトアイテムを、大手百貨店を中心に展開しています。特に、毎シーズン、新柄を使ったエコバッグがヒット。キッピスの代表作となっています。


[画像10: (リンク ») ]



ニッコー株式会社

創業110年、石川県白山市 が拠点の「ニッコー」。世界 のトップシェフも愛用する美しい器で知られる老舗メーカーです。その卓越した技術でキッピスの柄と色を表現したプレートやカップ類は、確かな品質と優しくて温かい雰囲気が漂うラインナップです。


[画像11: (リンク ») ]


コーヒーブランド「INIC coffee(イニックコーヒー)」
パウダーフーズフォレスト株式会社

キッピスのしろくま柄をメインに、パッケージデザインを展開。2017年9月に第1弾、11月に第2弾を発売。


[画像12: (リンク ») ]


「LeSportsac(レスポートサック)」
伊藤忠商事株式会社

2016年からキッピスのデザインを採用。様々な種類のバッグやポーチを販売。コラボレーションは第3弾まで展開。


[画像13: (リンク ») ]

文房具
株式会社マークス

上質でデザイン性の高い文房具メーカー 「マークス」とのコラボレーションによる文房具シリーズ。ポーチ、iPhoneケースなど、デスクまわりやおでかけに便利なアイテムがラインナップ。マークスの人気手帳シリーズ「EDiT」の2020年版には、キッピスバージョンが登場しています。


[画像14: (リンク ») ]

ヘアケア・ビューティグッズ
株式会社ダリヤ
2019年春に登場。女性の保湿ケアをヒントにした、体温で溶けてオイルのような質感になるワックスを発売。
パッケージには異なる4種の香りに合わせてキッピスの人気柄を施しました。洗練されたデザインは贈り物としても喜ばれます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]