編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

AIを活用したアパレル企業向け画像生成システムの実証実験を開始

株式会社データグリッド

From: PR TIMES

2019-10-11 12:00

株式会社アーバンリサーチ(以下、アーバンリサーチ)、株式会社データグリッド(以下、データグリッド)、株式会社NTTドコモ関西支社(以下、ドコモ)は、ファッション分野において、AI技術※を活用したアパレル企業向け画像生成システム(以下、本システム)の実証実験を2019年10月1日(火)より開始しました。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


昨今、EC(イーコマース)の取り扱い高は年々増加する一方で、利用者の声としては「ECサイトにおける服の購入には自分に着用してみて似合うか分からない。」や、ECサイト運営者としては「モデルが服を着用した写真を用いたいが、多数そろえようとすると、とても手間がかかる。」などの課題や不安があります。本システムは、そういった課題や不安に応えるために開発したシステムです。

本システムは、ドコモやデータグリッドが保有する画像生成技術を組み合わせ、任意の服を着用した画像の自動生成サービスを提供することをめざすものです。また、一般的に服画像は2D形式で保有されていることが多いですが、画像を3D形式に変換しなくても、本システムを用いることで、2D形式のままで利活用が可能となります。具体的には、今回の実証実験では、アーバンリサーチから提供された大量の服画像や人物画像を学習データとして活用し、ドコモが保有する身体特徴点抽出技術や物体抽出技術と、データグリッドが開発中の画像生成技術を組み合わせることでサービスの実現をめざします。

今後も、3社各々のアセットを活用する協創による新たな価値の創造にとりくみ、社会の発展に貢献します。

※ドコモのAI技術は、NTTグループのAI「corevo(R)」を構成する技術です。また、「corevo」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。( (リンク ») )
[画像4: (リンク ») ]


1. 本システムの入出力イメージ
[画像5: (リンク ») ]


2. 実証実験の目的
ドコモとデータグリッドが開発・保有する画像生成技術とアーバンリサーチが保有するファッション画像を利用し、デモアプリケーションの高度化および最適化を行い、同時にアーバンリサーチの実業務においてデモアプリケーションを運用し、課題の整理、および解決方法の策定、サービスの有用性の評価などを行う。

3. 実施期間
2019年10月1日~2020年3月31日


4. 各社の主な役割
[画像6: (リンク ») ]



5. 各社概要
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]