編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Standard Cognition、無人店舗に特化した米スタートアップ企業DeepMagicを買収

STANDARD COGNITION, CORP.

From: PR TIMES

2019-10-11 11:35

DeepMagicが持つコンピュータービジョン技術と特許によりレジ無しチェックアウト事業を加速し、業界におけるリーダーシップを強化

小売店舗向けAI(人工知能)チェックアウトシステムの開発を手掛けるStandard Cognition(スタンダード・コグニション、本社:カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:ジョーダン・フィッシャー、 (リンク ») 、以下、スタンダード)は、現地時間2019年10月10日(木)、無人店舗による小売業に特化した米スタートアップ企業DeepMagic(ディープマジック、本社:ニューヨーク、CEO:ベルント・シェーナー、 (リンク ») 、以下、ディープマジック)を資産買収したと発表しました。

ディープマジックは、Bernd Schoner(ベルント・シェーナー)氏とDavi Geiger(ダヴィ・ガイガー)氏が設立したスタートアップ企業で、個々の商品を高い精度で識別できるコンピュータービジョン技術を開発し、米国と欧州において商用システムを展開してきました。また、レジ無しチェックアウト技術の重要な要素をカバーする特許を2016年に取得・保有しています。ディープマジックとスタンダードの両社は、レジ無しチェックアウト開発の分野に初期の段階から参入したスタートアップ企業の一つでした。こうした点から、ディープマジックはスタンダードにとって魅力的な買収対象となりました。

シェーナー氏は、買収後、ディープマジックの技術をスタンダードのプラットフォームに統合するためのコンサルティング業務を担う予定です。

スタンダードの共同創業者でCEOを務めるJordan Fisher(ジョーダン・フィッシャー)は、今回の買収について、「スタンダードもディープマジックも、レジ無しチェックアウトシステムの開発において、コンピュータービジョンのみのアプローチをしてきた企業であることから、我々の技術には非常に高い互換性があります。また、両社とも、既存の小売環境に導入するためには、システムの設置面積を非常に小さく保つ必要があり、カメラのみを使ったシステムが最適であることを最初から認識していました。

ディープマジックは、非常に高精度なコンピュータービジョン技術を開発しており、スタンダードの技術ポートフォリオに合致しました。買収によって当社の技術が進歩することを楽しみにしています」と話しています。

ディープマジックの共同創業者兼CEOのシェーナー氏は、「我々の技術がスタンダードのプラットフォームで使われることにワクワクしています。我々は長年にわたり、レジ無しチェックアウトシステムに対するスタンダードのアプローチを称賛してきました。スタンダードは現在、市場をリードしており、この分野で大きな成功を収めることができると確信しています」と述べています。

スタンダードは、サンフランシスコで初めてレジ無しの店舗をオープンした、レジ無しチェックアウトシステム業界において先駆的なスタートアップの1つです。米スタートアップアクセラレーターであるY Combinator(Yコンビネーター)が10月2日に発表した、同社が投資するスタートアップ企業ランキング「Y Combinator Logo Top Companies List 2019」 < (リンク »)  >にランクインしました。

スタンダードは現在、アメリカをはじめとする世界の小売企業と提携をしています。当社はこれまでに、CRV、Initialized Capital、EQT Ventures、Y Combinatorなどの著名な投資企業から8600万ドルの資金を調達しています。

■Standard Cognition(スタンダード・コグニション)について

Standard Cognitionは、AI(人工知能)技術に基づいたレジ無しチェックアウトシステムを提供しているアメリカのスタートアップ企業です。当社システム「Standard Checkout(スタンダード・チェックアウト)」は柔軟性が高く、どんな小売店にも導入しやすいのが特徴です。また、当社システムの導入により、買い物客は、レジに並び商品のスキャンや精算のために立ち止まることなく買い物することが可能になるほか、小売店が人件費を削減し、顧客満足度を高め、利益率を最大限に向上させることにも貢献します。さらに、あらゆる規模の小売店が、Amazonなどの大手チェーンやオンラインサービスと競合するためにサポートします。詳細については、 (リンク ») やツイッター(@standardAI)をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]