編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウズ、中国最大のAIカンパニーiFLYTEK社と自動車GUI分野での協業が本格稼働、「Matrix Engine」が中国の大手自動車メーカーの実車に搭載開始

株式会社クラウズ

From: PR TIMES

2019-10-15 10:55



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

株式会社クラウズ(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:山形 誠、以下クラウズ)と、音声技術、人工知能(AI)技術における中国最大手iFLYTEK CO,LTD.(本社所在地:中国安徽省、董事長:劉 慶峰)は自動車におけるGUI(グラフィックユーザーインターフェイス)部門での協業を開始いたしました。

本協業により、iFLYTEKは自社の自動車用GUI開発にクラウズが提供するGUI作成ツール「Matrix Engine」を全面的に採用しております。
iFLYTEKを経由し、2019年10月より、中国内大手自動車メーカーの車内ディスプレイ環境向けに「Matrix Engine」の搭載が開始となりました。

iFLYTEKとの協業により、クラウズは中国市場における自動車GUI開発ツールとして「Matrix Engine」のスタンダード化を目指してまいります。

「Matrix Engine」は今後オーディオやナビゲーションはもちろん、スピードメーターやミラーなど自動車内におけるあらゆるGUI制作の標準ツールとしての地位を確立してまいります。


<協業の背景>
自動車のデジタル化は今までにないスピードで進行しています。それに伴いカーナビを始め、メーター類など車内のあらゆる機能のデジタル化も一層加速して行きます。
その背後にはEV(電気自動車)や自動運転を始めとする、自動車そのものがAIとの融合によって全く新しい進化を遂げる、100年に一度と言われる転換期に来ていると言う事実があります。
自動車における様々な機能はAIと統合され、音声によりコントロールがなされ、モニターを通じてドライバーとコミュニケーションをとる、そして自動車は単なる乗り物から私たちのパートナーへと進化する未来は目の前にあり、そこには新しい自動車GUIが必要となります。
音声認識と、各種AIとの連携、それをユーザーに認識させる高度なグラフィック技術の統合は、次世代の自動車開発において最も重要な技術の一つとなります。

一方、デジタル化によって自動車が求める電力消費も拡大して行きます。限られたバッテリー容量の中で、消費電力を抑制しながらも、リッチなGUIを実現することが求められております。
しかし、従来の開発手法ではGUIの開発には高度なエンジニアを多く必要とするなど、市場のニーズに沿ったタイムリーな開発に不安が残ります。

クラウズの独自GUI制作ツール「Matrix Engine」とiFLYTEKの音声AI技術の組み合わせは、この様な問題を解決し新たな自動車GUIの未来を切り開きます。

[画像3: (リンク ») ]


<Matrix Engineについて>
Matrix Engineは開発後クラウズが10年に渡って洗練させてきたIoTデバイス用のGUI制作ツールです。独自の仮想エンジン技術により、GUIの開発に高度なプログラミング作業を必要とせず、デザイナーのデザインをスピーディーにGUIとしてIoT実機に反映することが可能です。OSに依存することなく、従来は高度なプログラム作業を必要としたデザインの修正や差し替えもMatrix Engineならボタン一つで簡単に実行できます。

既に国内、海外を問わず多くのカーナビなどに搭載されてきた実績、そこから磨き上げられた実践的な設計により、他社製品には無い使いやすさと低消費電力を特徴としております。
低消費電力は、新世代の自動車の電力消費を抑制することができ、余剰電力を本来自動車に求められる動力に可能な限り集中させることにつながります。
また、メモリやCPUなどのコスト削減にも直結します。


<株式会社クラウズについて>
2003年の設立以来、クラウズは最先端のコンピューターエンジニアリング企業として活動を行なっております。

名称:株式会社クラウズ
代表者:山形 誠
住所:東京都千代田区岩本町3-9-17 スリーセブンビル10F
URL: (リンク »)


<iFLYTEK社について>
iFLYTEKは1999年の創業以来、中国における人工知能(AI)技術のリーディングカンパニーとして目覚ましい成長を続けております。
中でも音声技術(音声認識、自動翻訳、文章化)における中国内マーケットシェアは70%に迫り、既に1600万台以上の自動車の音声認識技術には同社の技術が採用されています。
2019年2月現在、55カ国の言語に対応し、極めて高い認識精度を誇ります。
iFLYTEKは中国科学技術部が推進するAIプラットフォーム発展計画にも主管企業として選ばれております(他の企業は百度、Alibaba、TENCENTなど)。
MITが選定するグローバルスマート企業50でも名だたる企業を抑え6位にランクインしています。


本件に関するお問い合わせ:

株式会社クラウズ
担当:渡辺
電話:03-5835-0973
Mail:info@matrixengine.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クラウズの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]