編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

どこでも作品制作を可能にする、よりパワフルになった新しい「Wacom(R) MobileStudio Pro 16」を10/18に発売

株式会社ワコム

From: PR TIMES

2019-10-15 11:00

株式会社ワコムは、新しくなったWindows 10搭載クリエイティブタブレット「Wacom(R) MobileStudio Pro 16」を2019年10月18日(金)に発売します。



パソコンに負荷がかかるクリエイティブソフトウェアの使用時にも高いパフォーマンスを発揮する「Wacom MobileStudio Pro」は、自由な姿勢で、スタジオや外出先など場所を問わずクリエイティブ制作に没頭することができます。また、液晶ペンタブレットとパソコンの一体型ソリューションとしてもおすすめです。液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」やペンタブレット「Wacom Intuos Pro」シリーズを始めとするプロクリエイター向けのラインアップとして、高いパフォーマンスとペン精度にこだわったクリエイティブツールです。

[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]


プロクリエイターのニーズに応えた設計

新しい「Wacom MobileStudio Pro 16」は、プロクリエイターが必要とするスペックを詰め込んだパワフルなモバイルデバイスです。8192レベルの筆圧感知に対応した「Wacom Pro Pen 2」は、ペンの傾き検知をサポートし、繊細なタッチ、精度、レスポンスを実現します。ワコム独自のEMR(R) (Electro Magnetic Resonance:電磁誘導方式) テクノロジーにより、バッテリーや充電は一切不要です。お好みに応じて、鉛筆のように細い「Wacom Pro Pen slim」や3D制作のワークフローに便利な「Wacom Pro Pen 3D」のオプションペンも利用可能です。さらに、「Wacom Pro Pen 2」テクノロジー搭載前に販売した「クラシックペン」「アートペン」「エアブラシ」*なども利用することができます。

*「Wacom Pro Pen 2」シリーズ以前の旧製品のペンをご利用される場合の最大筆圧レベルは2048となります。

大型作品の制作にも十分な描画領域を備えた15.6型の液晶パネルには、ダイレクトボンディング方式を採用することで、ペン先とカーソルとの視差を最小限に抑え、まるで紙に描いているような描き心地を実現します。4K(3840 x 2160ピクセル)解像度とAdobe RGBカバー率最大85%(CIE 1931)の色精度を誇り、カラーキャリブレーションで高精度なカラーマネージメントも可能です。

新しい「Wacom MobileStudio Pro 16」には、インテル(R) Core™ i7 プロセッサーが搭載されており、イラスト、3D、CADなど負荷の高いソフトウェアでも威力を発揮します。併せてNVIDIA(R)Quadro(R) P1000グラフィックスの採用で、イラスト、アニメーション、動画、CAD、写真処理など高負荷のかかる作業も快適に行うことが可能です。加えて、これらの作業にも十分な16 GBのメインメモリと512 GB のSSDストレージメモリを搭載しました。必要に応じて、背面カバーを取り外してストレージ(SSD)やメインメモリ(DDR)の増設、交換も簡単に行えます。

また、「Wacom MobileStudio Pro 16」はThunderbolt 3接続に対応しており、USB 3.0よりも8倍速い40Gbpsの高速データ転送が可能です。「Wacom MobileStudio Pro 16」 は、そのユニークなハイブリッド機能により、WindowsまたはMacに接続し、液晶ペンタブレットとしても使用できます。Thunderbolt 3は、USB-CやDisplayPortにも互換性があるため、ほとんどのモニターに接続可能です。

アプリケーション毎に機能の割り当てをカスタマイズ可能な8個のExpressKey(R)、ラジアルメニュー、マルチタッチと、そして3つの角度(16˚/30˚/43˚)に調節可能な付属のモバイルスタンドにより、効率的かつ快適に作品制作を行うことができます。さらに、指紋センサーとセキュリティロックを採用し、ファイルとデバイスの両方のセキュリティを担保することができます。

「Wacom MobileStudio Proを初めて発表した当初、汎用モバイルタブレットとは異なった視点で、プロクリエイターの制作環境に合わせて特別に設計することは、画期的なアイデアでした。クリエイティブ市場向けのソリューションとして、パワフルなモバイルソリューションを求める多くのクリエイターからご好評をいただきました。今回のアップグレードにより、自然で正確な描き心地で作品制作を可能にする最強のWacom MobileStudio Proで、市場をリードし続けます」とクリエイティブ・ビジネス・ユニットのエグゼクティブバイスプレジデント、ファイク・カラオグルは述べます。

発売日と価格

新しい「Wacom MobileStudio Pro 16」はワコムストア( (リンク ») )および一部家電量販店にて本日10月15日(火)から予約販売を開始し、10月18日(金)より販売開始します。ワコムストアの販売価格は418,000円(税込)です。よりコンパクトな13型は後日発売する予定です。

なお、本日2019年10月15 日(火)から10月31 日(木)の期間にワコムストアで「Wacom MobileStudio Pro 16」をご購入いただくと購入特典として、「Wacom MobileStudio Pro 16」をPCと接続して液晶ペンタブレットとして利用する場合に便利な「Wacom Link Plus」、ワイヤレスキーボード、ソフトケース、ワコム監修の2本指タブレットグローブをプレゼントします。
[画像3: (リンク ») ]



※ワコムストアでのご購入はこちらから:

(リンク »)

※新しい「Wacom MobileStudio Pro 16」の詳細はこちらから:

(リンク »)

【ワコムについて】

株式会社ワコム(東証一部:6727)は、1983年の創業以来、日本を含めた全世界150以上の国と地域で製品を販売しています。これまで、よりクリエイティビティに富んだ世界を実現するための製品をお届けする中で、世界中のデザイナーやクリエイターの方々のご愛顧を頂いて成長してきました。 現在、当社のペン&タッチタブレット、液晶ペンタブレット、モバイルクリエイティブタブレット、スタイラス製品、そして各種デジタルインターフェース機器は、デジタルアート、映画、特殊効果、ファッション、商品デザインなどの分野で幅広く利用されています。また、当社は、若手のデザイナーやクリエイター育成をサポートする多くの活動にも参画しています。さらに、当社の培ってきた技術をモバイル端末用途に最適化したWacom(R) feel IT technologiesは、各社が展開するスマートフォン、タブレット端末、電子書籍端末など様々な製品群にコンポーネントとして採用されています。このように、当社が提供する技術は、ビジネスからホームユースまでのさまざまなシーンで、デジタルコンテンツクリエーション、医療・教育・金融などの分野で利用されています。

※ワコム、Wacom、Cintiq、Wacom feel IT technologiesは株式会社ワコムの商標または登録商標です

※その他、本書に記載されている会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

※本書に記載されている内容は発表時点のものです。やむをえない事情で当日の内容に変更が生じる場合があります。

<お客様からのお問い合わせ先>
ワコムインフォメーションセンター
電話:0120-056-814 (受付時間: 9:00~12:00 / 13:00~18:00、土日祝日を除く)
Eメール:tablet_info(at)wacom.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ワコムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]