編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

『かくりよの宿飯』の作者、友麻碧の最新作『メイデーア転生物語』が発売! コミカライズ情報の解禁や、豪華プレゼントのあたる読書メーター&Twitterキャンペーンも開催中!

株式会社KADOKAWA

From: PR TIMES

2019-10-15 12:00



 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下KADOKAWA)はシリーズ累計150万部『かくりよの宿飯』や、シリーズ累計50万部『浅草鬼嫁日記』などのヒット作で人気を誇る、作家・友麻碧の最新作『メイデーア転生物語』を富士見L文庫より発売いたします。
 本作の作品紹介ページでは、発売と同時にコミカライズの情報も解禁。そして発売を記念して、サイン本が当たる読書メーター献本キャンペーンや、著者作品の装画を用いた特製クリアファイルセットが当たるTwitterキャンペーンも始まりました。著者作品3ヶ月連続刊行の最終月に、全てのファンタジー好きに手にとってほしい新しいシリーズの誕生です。
[画像1: (リンク ») ]

■メイデーア転生物語 1  この世界で一番悪い魔女
著:友麻碧 イラスト:雨壱絵穹 富士見L文庫刊


作品情報

◆『メイデーア転生物語』について
 『メイデーア転生物語』は、魔法が息づき、偉大な魔法使いたちによって歴史が作られてきた世界を舞台にしたファンタジー小説です。かつて悪名を轟かせた魔女の末裔である主人公のマキアが、不幸な身の上でありながら魔法の才を持つ少年トールと出会い、物語は始まります。やがて世界を大きく変える救世主の少女が異世界からやってきたことで、マキアたちの運命もまた動き出していきます。

 著者はTVアニメ化もされた『かくりよの宿飯』や、『浅草鬼嫁日記』など多くのヒット作を手掛ける友麻碧。装画は『王宮のトリニティ』(Gファンタジーコミックス)などの代表作を持つイラストレーター・漫画家の雨壱絵穹が担当しています。発売に先駆けて、ストーリーやキャラクターなど作品の魅力を紹介したページを公開中。最新情報など詳しくは富士見L文庫の作品紹介ページを御覧ください。
(リンク »)

◆あらすじ
 魔法の息づく世界“メイデーア"。辺境貴族の令嬢マキアは、騎士の少年トールとともに、魔法を学ぶ日々を過ごし、強い絆を育んできた。ところがトールが異世界から来た〈救世主の少女〉の守護者に選ばれたことで、二人は引き離されてしまう。 トールの不在に動揺するマキア。だが王都の魔法学校に行けば、再びトールに会う機会がある。彼に抱いた想いの正体を知るため、マキアは最高峰の魔法学校を目指す! これは〈世界で一番悪い魔女〉の末裔マキアが、自身の想いを伝えるための、長い物語のはじまり。


コミカライズ情報

◆「月刊Gファンタジー」にてコミカライズも決定
 文庫小説の発売と同時に、コミカライズ情報も解禁となりました。漫画は『ライルと槍』(Gファンタジーコミックス)などを手掛ける夏西七が担当。スクウェア・エニックス刊行のコミック誌「月刊Gファンタジー」にて掲載予定です。
 現在は夏西七先生の描いた主人公・マキアとトールのイラストが公開中。続報も近日公開予定です。


[画像2: (リンク ») ]

イラスト:夏西七



キャンペーン情報

◆発売記念キャンペーン1. サイン本が貰える、読書メーター献本プレゼントキャンペーン実施中
 発売に先駆けて、読書メーターにて著者サイン本のプレゼントキャンペーンを実施中です。さらにハッシュタグをつけてTwitterに投稿することで、下記の著者作品感想ツイートキャンペーンと組み合わせることも可能です。詳しくは読書メーターサイトをご覧ください。
読書メーター 献本プレゼントページ  (リンク »)

◆発売記念キャンペーン2. 特製クリアファイルセットが当たる、著者作品感想ツイートキャンペーン
 10月の『メイデーア転生物語』刊行に先駆けて、8月には『かくりよの宿飯』、9月には『浅草鬼嫁日記』と、著者作品を3ヶ月連続で刊行中。その一環として、著者作品の感想をつぶやくと特製クリアファイルセットが当たるキャンペーンを実施いたします。詳しくは3ヶ月連続刊行キャンペーンサイトをご覧ください。
友麻碧作品3ヶ月連続刊行キャンペーン 特設サイト (リンク »)

[画像3: (リンク ») ]

※画像はイメージサンプルです


関連情報

◆『メイデーア転生物語』特設サイト
(リンク »)

◆「友麻碧作品3ヶ月連続刊行キャンペーン」特設サイト
(リンク »)

◆読書メーター 献本プレゼントページ
(リンク »)

◆富士見L文庫公式サイト
(リンク »)

◆富士見L文庫公式Twitter
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]