編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オンライン版WIRED特区(スペキュラティヴ・ゾーン)実装へ、『WIRED』日本版メンバーシップがスタート

コンデナスト・ジャパン

From: PR TIMES

2019-10-15 14:35

(リンク »)



[画像1: (リンク ») ]


テクノロジーの進化を通して、ライフスタイルからビジネス、カルチャー、エンターテインメントまで、その明確な未来へのインサイトを人々に提示し、イノヴェイターたちをインスパイアするメディア『WIRED』日本版は、オンライン・メンバーシップ「WIRED SZ メンバーシップ(Speculative Zone=特区)」(月額980円(税別))を本日スタートいたしました。

社会に新しい価値を実装するためのプラットフォームとして立ち上がった本メンバーシップ。WIRED SZメンバーには、次の10年を見通すためのインサイト(洞察)が詰まった選りすぐりのロングリード(長編)を中心に、『WIRED』日本版の編集部が、週毎に設定されるテーマに沿ってセレクトした記事が届けられます。そのほか、記事をさらに読み解くメンバーシップ限定ニュースレターや、雑誌『WIRED』日本版のデジタル版(PDF)もお届けします。

今後は『WIRED』日本版が主催するさまざまなイヴェントへの優待や動画視聴、その他、クローズドで行なわれるSZメンバー同士の交流など、さまざまなメンバーシップ特典を用意していきます。
                 
「もしあなたが隣の誰かとは違う、真に価値のある情報を手にし、その意味と文脈を社会に実装していきたいのなら、そのためにできることは、WIRED特区に足を踏み入れ、SZメンバーというパスポートを手にすることだ。来たれ、WIREDの実験区へ。」(TEXT BY 『WIRED』日本版編集長 松島倫明)

「WIRED SZ メンバーシップ」のスタートにあたって、『WIRED』日本版編集長、松島倫明からのメッセージ全文はこちら< (リンク ») 。


【WIRED SZ メンバーシップ】
■特典内容
○ DIGITAL ARTICLES
月~金に毎日1本、週のテーマにそって編集部がセレクトしたメンバー限定記事を配信
○ NEWSLETTER
今週のテーマを改めて読み解き、次週の読みどころを解説するニュースレターが週末に届く
○ MAGAZINE PDF
雑誌『WIRED』日本版(価格:1,111円+税/年4回発行予定)PDFダウンロード

■料金
月額980円(税別)

■お申し込み方法
WIRED.jp内の「WIRED SZ メンバーシップ」ページ< (リンク ») より
※「WIRED SZ メンバーシップ」のスタートを記念して、初回2週間はトライアル期間となります。

***
■WIRED(ワイアード)
1993年に米国で創刊し、現在4カ国で展開する、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版として、2011年6月にウェブサイトと雑誌を同時にスタートしました。『WIRED』日本版は、テクノロジーの進化を通して、ライフスタイルからビジネス、カルチャー、エンターテインメントまで、その明確な未来へのインサイトを人々に提示し、イノヴェイターたちをインスパイアするメディアです。

[画像2: (リンク ») ]


【発売中】『WIRED』日本版 VOL.34
特集:「ナラティヴと実装」|NaN,10
価格:本体:1,111円(税別)
VOL.34スペシャルサイトはこちらより
< (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]