編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「東京の食文化魅力体験プロジェクト」

株式会社ぐるなび

From: PR TIMES

2019-10-15 15:45

飲食店や宿泊施設と連携して東京の食文化の魅力を訪日外国人向けに発信

実施期間:2019年10月15日(火)~2020年3月31日(火)



[画像1: (リンク ») ]

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎 以下、ぐるなび)は、東京都と公益財団法人東京観光財団が実施する「東京の魅力発信プロジェクト」の採択事業の一環として、訪日外国人向けに東京の食文化の魅力を発信し、東京の食文化ファンの獲得を目的とする「東京の食文化魅力体験プロジェクト」を2019年10月15日(火)から2020年3月31日(火)まで実施します。

本プロジェクトは、インバウンド需要の更なる拡大が期待できる3区(豊島区・台東区・大田区)にて、約60店舗の飲食店や約30の宿泊施設と連携し実施します。

まず飲食店との連携では、東京の食文化の魅力と飲食店の情報を紹介する特設サイト「東京美食」を開設します(URL: (リンク ») )。和食・洋食・居酒屋など、多様性がある東京ならではの食文化をビジュアルを活用して紹介。飲食店情報やクーポン情報を5言語(日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語)で掲載し、東京の食文化の魅力を多言語で発信します。

また宿泊施設では、訪日外国人に「東京美食」のQRコードとコールセンターの案内が印刷されたポストカードを配布し、本取組みの認知拡大に努めるほか、宿泊者からの飲食店相談の際に活用いただきます。コールセンターは、2言語(英語・繁体字)に対応し、要望にあった飲食店情報を紹介するだけでなく、予約代行まで対応します。これにより、訪日外国人はスムーズに東京の食体験ができる飲食店を選ぶことが可能となり、飲食店への送客にも貢献します。

ぐるなびは、今後も対象エリアや連携店舗・施設を拡充し、本プロジェクトを通して東京の食文化の魅力を多くの訪日外国人に向けて発信することで、認知度向上と有益な東京の食文化体験の提供に努めるとともに、エリア内の周遊促進とインバウンド需要の活性化に貢献します。


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]




■プロジェクト概要
1. タイトル:東京の食文化魅力体験プロジェクト
2. 期間 :2019年10月15日(火)~2020年3月31日(火)
3. エリア :豊島区、台東区、大田区の3区
4. 内容 :
 (1)【飲食店との連携】東京の食文化や飲食店情報を紹介する特設サイトを開設
  ・サイト名 :東京美食
  ・U R L : (リンク »)
  ・対応言語 :5言語(日本語・英語・繁体字・簡体字・韓国語)
  ・連携店舗数 :約60店舗

 (2)【宿泊施設と連携】特設サイトと専用コールセンターを案内するポストカードを配布
  ・連携施設数 :約30施設
  ・コールセンター対応言語:2言語(英語・繁体字)
  ・コールセンター対応時間:平日10:00~19:00

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ぐるなびの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]