編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

成田空港コミュニティが「CEIV Pharma」認証の取得を開始

成田国際空港株式会社

From: PR TIMES

2019-10-15 15:45

東アジアの空港で最大規模となる9社により空港コミュニティを結成




 成田国際空港株式会社は、当空港で国際航空輸送に携わる関係事業者とともにコミュニティを結成し、IATAの提唱する医薬品輸送品質認証「CEIV Pharma*」の取得を目指します。

 同認証を取得することで、世界基準をクリアした品質の高い医薬品輸送ができる事業者として認められるようになります。この度結成したコミュニティに物流の各段階を担う事業者が参加し、それぞれが同認証を取得することで、成田空港において航空機到着から荷主への貨物の引き渡しまで一貫して高品質なサプライチェーンを提供することが可能となります。

 成田空港で取り扱う医薬品の貿易額は、港を含む全国の医薬品貿易額の約半分を占めており、同認証を取得することにより、医薬品貨物の取り扱い品質を向上し、当空港の航空物流拠点化を更に促進いたします。

<空港コミュニティ概要>

1.参加企業(全9社)東アジアの空港コミュニティで最大社数
[航空会社]
[画像: (リンク ») ]

- 全日本空輸株式会社
(2017年10月に独自で認証取得済み)
- 日本貨物航空株式会社
[貨物ハンドリング会社]
- 国際空港上屋株式会社
- 株式会社JALカーゴサービス
[フォワーダー]
- 日本通運株式会社
- 株式会社阪急阪神エクスプレス
- 株式会社日立物流バンテックフォワーディング
- 郵船ロジスティクス株式会社
[陸運事業者]
- 大隅物流有限会社

2. 全体スケジュール
 2019年 9月   成田空港コミュニティ結成
 2019年10月~2020年度上期 参加企業によるトレーニングの受講、監査、認証検査の受検
 2020年度下期  認証取得(予定)

* CEIV Pharma(The Center of Excellence for Independent Validators in Pharmaceutical Logistics):
IATA(国際航空運送協会)が策定した医薬品の航空輸送に関する品質認証制度で、世界各国で異なる医薬品の
 保管・輸送基準(GDP)を包括した高い基準を定めている。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

成田国際空港株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]