編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

KLab、崑崙と共同開発の「BLEACH 境・界-魂之觉醒:死神」北米、欧州など147の国と地域への配信権を取得

KLab株式会社

From: PR TIMES

2019-10-16 19:05

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田英克、以下「KLab」)と北京昆仑乐享网络技术有限公司/Beijing Kunlun Lexiang Network Technology Co., Limited.(本社:中華人民共和国北京市、CEO:王立伟、以下「崑崙」)は、BLEACH製作委員会より両社が共同開発した3Dアクションモバイルゲーム「BLEACH 境・界-魂之觉醒:死神」の北米、中南米、欧州、オセアニアなど147の国と地域での配信許諾を受けたことをお知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]


「BLEACH 境・界-魂之觉醒:死神」は、日本の国民的アニメ「BLEACH」の公式ライセンスを受けたモバイルゲームです。


「BLEACH」とは

本作の題材となった「BLEACH」は、集英社が発行する少年漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』で2016年38号まで連載していた、超人気剣戟バトルアクションコミックです。2001年の連載より絶大な支持を集め、コミックスは全74巻で全世界シリーズ累計1億2000万部を超えています。TVアニメーションは2004年から2012年3月まで放送され、これまでに劇場版も計4作が公開されました。また、日本だけでなく海外での人気も非常に高く、その人気はまだまだ広がり続けています。


「BLEACH 境・界-魂之觉醒:死神」概要

タイトル BLEACH 境・界-魂之觉醒:死神
ジャンル 3DアクションMMORPG
プラットフォーム iOS、Android™
公式サイト (リンク »)
著作権表記 (C) Tite Kubo/Shueisha, TV TOKYO, dentsu, Pierrot
(C) KLabGames (C) GameArk


北京昆仑乐享网络技术有限公司

社名 北京昆仑乐享网络技术有限公司(ゲームブランド名:GameArk)
代表者 王立伟
設立 2013年2月4日
本社所在地 中華人民共和国北京市
事業内容 スマートフォンゲームの開発及び運営
URL (リンク »)


KLab(クラブ)株式会社

社名 KLab株式会社(英文名:KLab Inc.)
代表者 代表取締役社長:森田英克
設立 2000年8月1日
本社所在地 〒106-6122 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
事業内容 モバイルオンラインゲームの企画・開発・運用
URL (リンク »)

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録されたApple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Playロゴは、Google LLC の商標です。
※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※その他、記載された会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]