編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

一休の会員数が1,000万人を突破

株式会社一休

From: PR TIMES

2019-10-16 19:05

~ 11月中旬より『一休.com』と『一休.comレストラン』で記念セールを実施 ~

高級ホテル・旅館の予約サイト『一休.com』( (リンク ») )やレストラン即時予約サイト『一休.comレストラン』( (リンク ») )などを運営する株式会社一休(本社:東京都港区、代表取締役社長:榊 淳、以下一休)は、2019年10月に会員数が1,000万人を突破したことをお知らせします。



[画像: (リンク ») ]


会 員数は『一休.com』をはじめとした一休の各サービスをご利用いただく際に会員登録された方の人数となります。『一休.com』は高級宿泊予約サイトとして2000年5月にオープンし、今年19周年を迎えました。2006年には厳選レストラン予約サイト『一休.comレストラン』、2016年には高級貸別荘予約サイト『一休.comバケーションレンタル』、2018年にはラグジュアリースパ予約サイト『一休.comスパ』の各サービスをオープンしました。すべてのサービスは「こころに贅沢させよう。」をミッションに厳選されたお宿、お店を掲載しております。

会員数1,000万人突破を記念した感謝セールを11月中旬より、『一休.com』『一休.comレストラン』『一休.comバケーションレンタル』の各サイトにて実施する予定です。詳細は別途お知らせいたします。

一休会員の傾向
一休では予約状況などの統計データを分析することに加え、会員へのインタビューを実施しております。その中から最近の傾向を抜粋していくつかご紹介いたします。

1. プライスレス消費
一休で年間100万円以上をご利用いただいたヘビーユーザーが大幅に増えており、会員ステージの最上位となる「ダイヤモンド会員」が増加しております。コストパフォーマンスよりも「圧倒的な最高の体験」ができるお宿を求め、そのための投資は惜しまない消費傾向があり、一休では「プライスレス消費」と名付けております。プライスレス消費においては“絶対に外れがない”ことが強く求められるため、厳選されたラインナップや適切なレコメンドを徹底しております。
『一休.com』の中でも特に最上級のお宿を集めた「一休Plus+」のご利用も増えております。

2. ディンクス・女子会ユーザーの増加
共働きのカップル・ご夫婦や女性グループ(女子会)で高級なお宿やレストランを利用した週末贅沢旅、贅沢なお食事を楽しむ方が直近増えている傾向がございます。パートナーやご友人と長期休暇を合わせて海外旅行へ行くのは難しいため、週末の国内旅行やワンランクアップしたお食事を自分達へのご褒美とされているようです。

3. 『一休.comスパ』をきっかけとした会員登録
『一休.comスパ』の利用をきっかけに一休会員へご登録いただく方が増えております。管理職・役員の女性や女性起業家といった「日々の疲れの癒しを求め、ある程度可処分所得の多い女性」が増えていることが背景にあるとみられます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]