編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』のグローバル版にタイ語を追加!

KLab株式会社

From: PR TIMES

2019-10-18 17:03

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田英克、以下「KLab」)は、スマートフォン向け対戦型サッカーシミュレーションゲーム『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』のグローバル版である『Captain Tsubasa: Dream Team』に、本日新たにタイ語を追加したことをお知らせいたします。




[画像1: (リンク ») ]




『Captain Tsubasa: Dream Team』にタイ語が追加!記念キャンペーンも開催中!


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』は、2017年6月に日本で配信がスタートし、2017年12月にグローバル版『Captain Tsubasa: Dream Team』の配信がスタートしました。英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、繁体字中国語、アラビア語、ブラジルポルトガル語に対応し、全世界で2000万ダウンロードを突破しています。

本日10月18日(金)より、グローバル版『Captain Tsubasa: Dream Team』に新たにタイ語を追加し、対応言語は全9言語になりました。タイ語追加を記念したゲーム内キャンペーンを開催中です。ぜひお楽しみください!


タイ語追加記念!毎日10連無料ガチャを開催

開催期間:2019年10月18日(金)16:00 ~ 2019年10月31日(木)23:59

[画像4: (リンク ») ]

タイ語追加を記念して、「最大140連無料!タイ語リリース記念無料10連ガチャ」を開催いたします。10連ガチャが毎日1回無料!毎日ログインして最大140連回そう!


『Captain Tsubasa: Dream Team』タイ語版 概要

タイトル Captain Tsubasa: Dream Team
対応OS iOS 8.0 以降、Android™ 4.4 以降
※上記条件を満たしている場合でも
一部端末ではご利用いただけない場合があります。
ジャンル Head-to-head football simulation game
プレイ料金 基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
リリース地域 タイ
言語対応 タイ語
公式サイト (リンク »)
公式Twitterアカウント @tsubasaDT_th
公式Facebookページ (リンク »)
著作権表記 (C)Yoichi Takahashi/SHUEISHA
(C)Yoichi Takahashi/SHUEISHA/
TV TOKYO/ENOKIFILM
(C) KLabGames


『キャプテン翼』とは


『キャプテン翼』とは『キャプテン翼』は、高橋陽一氏が描くサッカー漫画。1981年より集英社『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタートし、日本のサッカー少年たちを中心に多大な影響を与えた作品です。

その後も、主人公である大空翼たちの成長を描くシリーズを続編として発表。現在は、集英社より隔週で発行されている『グランドジャンプ』にて『キャプテン翼 ライジングサン』が連載されています。
日本国内での単行本・文庫本累計発行部数は計7000万部を突破。
国内のみならず、世界20言語に翻訳され、海外各国でも数多く出版されている大人気作品です。



『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』概要


タイトル キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~
対応OS iOS 8.0 以降、Android™ 4.4 以降
※上記条件を満たしている場合でも
一部端末ではご利用いただけない場合があります。
[画像5: (リンク ») ]


ジャンル 対戦型サッカーシミュレーション
配信開始日 2017年6月13日
プレイ料金 基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
公式サイト (リンク »)
公式Twitterアカウント @tsubasa_dteam
公式Facebookページ (リンク »)
著作権表記 (C)高橋陽一/集英社
(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム
原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)
(C)KLabGames

【ダウンロードURL】

App Store(R)
(リンク »)

Google Play™
(リンク »)


※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録されたApple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Playロゴは、Google LLC の商標です。
※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※その他、記載された会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]