編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

特集はベートーヴェンの『「傑作の森」 中期』 月刊音楽情報誌「モーストリー・クラシック」12月号、10月19日発売

産経新聞社

From: PR TIMES

2019-10-19 10:00

産経新聞社発行の月刊音楽情報誌「モーストリー・クラシック」12月号が10月19日(土)に発売されます。先月号に続き、“楽聖”ベートーヴェンを特集しています。来年のベートーヴェン生誕250年に合わせた企画で、今月号は『「傑作の森」 中期』というタイトル。ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、ピアノ・ソナタ第23番「熱情」など傑作の数々を取り上げています。詳細は同誌公式サイト( (リンク ») )で。



[画像: (リンク ») ]

ベートーヴェンの中期を「傑作の森」と称したのはフランスの作家、ロマン・ロラン(1866-1944)。ロランが書いたベートーヴェンの伝記は大正時代に翻訳され、日本のベートーヴェン受容に大きな影響を与えました。

「ジャジャジャジャーン」という出だしで始まる交響曲第5番「運命」も中期の傑作。クラシック音楽の中でもっとも知られた作品の1つでしょう。1807年に作曲され、翌年、初演されました。「運命」はベートーヴェンが付けたタイトルではありません。秘書のシンドラーが「ジャジャジャジャーン」の意味を尋ねると、「かくして運命は扉を叩く」と答えたというエピソードに基づいています。残念ながら今ではこの逸話の信憑性は失われているのです。

中期に生まれた作品は交響曲第4~8番、ピアノ協奏曲第4、5番、ヴァイオリン協奏曲、ピアノ・ソナタ第23~27番、歌劇「フィデリオ」など多岐にわたります。まさしく「傑作の森」という形容がふさわしい中期です。

また、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞したドイツのヴァイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムターのロング・インタビューを掲載しています。

発  行:産経新聞社
発  売:日本工業新聞社
定  価:1080円(税込み)
お問合せ:モーストリー・クラシック編集室 ☎03-3243-8503

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]