編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【宅建 解答速報!】令和元年度 宅地建物取引士試験 解答速報公開中!さらに、精度の高い得点分析結果を無料でご提供!

TAC株式会社

From: PR TIMES

2019-10-20 16:35

本試験後の各種イベントで宅建受験生を徹底サポート!お見逃しなく!

宅建試験対策講座を展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役:多田敏男)は、10/20(日)に実施された『令和元年度宅建士試験(宅地建物取引士試験)』の解答速報をTACのWebサイトでいち早く公開しています。
さらに、日本全国の宅建士試験受験生から収集した解答データをリアルタイムに分析し、精度の高い得点分析結果を無料でご提供いたします!
その他、宅建士試験合格者対象の「登録実務講習」を今年も開講いたします。完全定員制ですのでお申込みはお早めに!



■令和元年度 宅建士(宅地建物取引士)試験【解答速報】

[画像1: (リンク ») ]


■TACの宅建士(宅地建物取引士)試験 解答速報【公開中!】
(リンク »)

※解答速報UP時間前後はアクセスが集中し、閲覧しにくい場合もございますので、予めご了承ください。

■宅建士(宅地建物取引士)試験「無料Web採点・分析結果閲覧サービス(データリサーチ)」
▼「データリサーチ」とは?
全国の受験生からデータを収集
インターネットを活用して日本全国の受験生から解答データを収集し、より精度の高い得点分析結果を提供する、TAC独自の画期的な解答分析サービスです。
登録から結果の確認まで、すべてWebで完結!
Webページで解答を入力(選択)するだけで、結果閲覧期間内に採点結果を閲覧することができます。また定期的に再集計されますので、登録者数が増えるにつれ、日に日に精度の高い分析データが提供されます。

▼登録および解答入力受付期間
本試験当日10/20(日)15:00~11/5(火)23:59まで
<詳細はこちらから>
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


※解答速報およびデータリサーチの分析は、TAC(株)が独自の見解に基づき、サービスとして情報を提供するもので、試験機関による本試験の結果等(合格基準点・合否)について保証するものではございません。

■宅建士試験合格者対象「TAC宅建士登録実務講習」
~宅建士試験合格後もTACにお任せください!~
TACは国土交通大臣の登録を受けた講習を行う登録実務講習実施機関です(登録番号(5)第4号)。
登録実務講習の受講対象者は、資格登録をする予定の宅建士試験合格者で、宅建業における実務経験が2年未満の方となります。資格登録を受けた後でなければ宅地建物取引士証の交付申請をすることはできません。
講習は完全定員制ですので、お申込みはお早めに!
※2019年12月4日(水)よりお申込み受付開始

[画像3: (リンク ») ]


<TAC「宅建士登録実務講習」の詳細はこちらから>
※2019年12月4日(水)よりお申込み受付開始
(リンク »)


■TAC宅建士講座の合格実績
全国の宅建士受験生に選ばれ、毎年多くの合格者を輩出し続けるTAC。その理由は、長年積み重ねられた受験指導ノウハウに加え、「受講生に合格していただくこと」を徹底的に追求したTAC式合格メソッドを確立していることにあります。
試験は変化し続けるもの。その試験に合わせてTACも常に進化し続け、「最小の努力で最大の効果を発揮する、良質なコンテンツの提供」をお約束いたします。
そしてこれから先も、全国の多くの宅建士受験生からの「期待」と「信頼」に応えられるよう、TACは”受講生の合格”を常に第一に考え続け、そのコンテンツの創造に努めてまいります。
<「TACの合格実績」詳細はこちら>
(リンク »)


《会社概要》
会社名:TAC株式会社
代表者:代表取締役社長 多田敏男
設 立:1980年12月
事業内容:個人教育事業、法人研修事業、出版事業、人材事業
本 社:〒101-8383 東京都千代田区神田三崎町3-2-18
電話番号:03-5276-8911(代表)
Webサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]