編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VxWorks Cert Edition最新版が医療機器開発向けIEC 62304に対応

ウインドリバー株式会社

From: PR TIMES

2019-10-21 12:25



2019年9月25日、カリフォルニア州アラメダ発 インテリジェントエッジ向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは本日、VxWorks(R) Cert Editionの最新版が、医療機器ソフトウェアの設計から保守までの安全なライフサイクルプロセスを規定した国際規格IEC 62304に対応したことを発表しました。同製品は、セーフティクリティカルなアプリケーション向けのリアルタイムOS(RTOS)で、世界中の認証機関に認定された最高水準の安全性に準拠して設計、開発されています。今回の対応により、オートモーティブ、アビオニクス、インダストリアルに加え、医療機器向けに対しても、安全認証取得用ドキュメントを準備し、幅広い業界での高信頼性かつ安全な製品の開発を支援します。

今回の新しい認証取得用ドキュメントは認証機関であるTÜV SÜDが評価を行い、ウインドリバーの医療機器向けのRTOSは「医療機器ソフトウェア ― ソフトウェアライフサイクルプロセス」向けのIEC 62304規格クラスCに適合しました。COTSソフトウェアのVxWorks Cert Editionは、認証取得用ドキュメントパッケージが付属しており、セーフティクリティカルな医療機器向けに設計されているため、医療機器メーカーは「SOUP」(開発過程が不明なソフトウェア)に関わる検証・確認の作業を削減し、場合によっては無くすことができます。

ウインドリバーの医療機器部門担当シニアディレクター、アマル・パルマールは次のように述べています。「手術ロボットからスマートホスピタルまで、新しいテクノロジがヘルスケア業界に変革をもらたしつつあります。しかし、それにより安全性やセキュリティについて新たな懸念が生じ、厳しい規制・規格への対応に迫られています。セキュアで安全規格に準拠した医療機器の開発には、規制への対応、実績のあるコンポネント、設計業務の効率化をバランスよく調和させる必要があります。ウインドリバーはVxWorks Cert Editionの最新版で、これらの要求に対応します」

今回認定を受けた最新の医療機器向け認証取得用ドキュメントは、ウインドリバーが安全認証ソフトウェア製品で培った20年以上の経験に基づいたものです。また、ウインドリバーが、次世代のソフトウェアソリューションで、医療技術の開発者が市場投入までの時間の短縮やコスト削減を実現できるように取り組んでいる証しでもあります。

ウインドリバーは、包括的なソフトウェアポートフォリオにより、設計から開発、導入まで幅広く医療機器メーカーをサポートします。オープンソースソフトウェアやLinuxによる開発が必要な場合やRTOSによる開発が必要な場合、あるいは両OSによる開発が必要な場合でも対応することが可能です。このような高い柔軟性により、企業はミッションクリティカルなアプリケーションの安全性、セキュリティ、信頼性の要件を満たしながら、コミュニティが主導する最新のイノベーションを生かした革新的な製品を実現できます。

ウインドリバーの医療機器向けソリューションおよびVxWorks Cert Editionの詳細については、こちらをご覧ください。

ウインドリバーの医療機器向けソリューション
(リンク »)

VxWorks Cert Edition
(リンク »)

ウインドリバーについて
ウインドリバーは、エッジコンピューティングソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。そのテクノロジは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、20億を超える製品に使用されています。包括的なポートフォリオは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、広範なパートナーエコシステムに支えられています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準の安全性、セキュリティ、パフォーマンス、信頼性が要求される重要インフラシステムのデジタルトランスフォーメーションを加速しています。詳細については、ウインドリバーのサイトをご覧ください。 (リンク »)

[画像: (リンク ») ]


# # #
※Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

※本プレスリリースは2019年9月25日に発表したプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]