編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JS Adways、インド・東南アジアの大手ブランド広告主向けモバイル動画広告プラットフォームである「POKKT」と台湾展開における独占販売契約を締結

株式会社アドウェイズ

From: PR TIMES

2019-10-21 11:23

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ))の子会社である傑思‧愛徳威媒體股份有限公司(本社:台湾台北市、代表取締役:Jason Yang、以下JS Adways)は、インド、東南アジアにてモバイル動画広告プラットフォームを提供するPOKKT Mobile Ads(本社:シンガポール、CEO:Rohit Sharma、以下POKKT)の台湾展開における独占販売契約を締結いたしました。アドウェイズグループでのPOKKT独占販売契約は、日本に続き、二カ国目となります。



[画像: (リンク ») ]

POKKTはインド、東南アジアでブランド広告主向けにモバイルアドプラットフォームを展開しており、動画やリッチクリエイティブでの配信を行なっております。モバイルアプリ広告に特化したプロダクト展開を進めており、ターゲティング、ビューアビリティ、ブランドセーフティ含めブランド領域におけるあらゆるKPIに対応した配信が可能です。さらにIAB Tech Labが提供するOpen Measurement SDKに対応しているほか、米国オラクルのビューアビリティ計測ツール「MOAT(モート)」並びに米国ニールセンの「ニールセンデジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)」とも接続しております。POKKTでは、Unilever、P&G、Samsung、Amazon、Sony、Nissan、CocaColaなど、同地域において、あらゆる業界の主要なナショナルクライアントへサービスを提供、5億人を超えるアプリユーザーへのリーチが可能となっています。

この度の専売契約により、JS Adwaysでは、POKKTが持つモバイルアプリに特化したネットワークを活用し、効果的なターゲティングと台湾においても1,100万人を超えるアプリユーザーへのリーチを実現、ブランド毀損することなく、効果の高い動画やリッチクリエイティブ広告の提供が可能となります。

アドウェイズグループでは、今後も市場のニーズにいち早く対応し、世界各国で効率的且つ実用的な広告マーケティングサービスを提供することで、世界中から「なにこれ すげー こんなのはじめて」と言われるよう、尽力してまいります。

■POKKTについて (リンク »)
POKKTは、ブランド広告主向けにモバイル動画広告プラットフォームとして8カ国(インド、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、シンガポール、ドバイ)を拠点とし、事業を展開。グローバルの大手ゲームアプリとパブリッシャーとして連携しており、同地域におけるモバイルゲームオーディエンスの90%にリーチが可能。

□■□株式会社アドウェイズについて (リンク »)
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]