編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

自動でホルダーが開閉する充電車載ホルダーを10月21日発売

サンワサプライ株式会社

From: PR TIMES

2019-10-21 13:05

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、 代表取締役社長 山田 和範)が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、Qi対応のスマートフォンを置くだけで充電ができ、自動でホルダーが開閉する充電車載ホルダー2種「200-CAR071」「200-CAR072」を発売しました。



[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]



スマートフォン用車載ホルダー(自動開閉・オートホールド・Qi充電・ワイヤレス充電・吸盤取り付け・iPhone)
型番:200-CAR071 販売価格:3,618円(税抜)
商品ページ: (リンク »)

スマートフォン用車載ホルダー(自動開閉・オートホールド・Qi充電・ワイヤレス充電・ドリンクホルダー取り付け・iPhone)
型番:200-CAR072 販売価格:3,618円(税抜)
商品ページ: (リンク »)


本製品は、自動でホルダーが開閉する車載ホルダーです。

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


 
Qi対応の機種をホルダーへ設置することで、ホルダーが自動で閉まり、開く時はホルダーの左右下側についているボタンを押すことによって開きます。

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]



着脱する際に両手を使ってしていたホルダーに比べ、片手で簡単に着脱できるので、急いでいる時も手荷物を持って身動きが取りにくい時もスムーズに行うことができます。ホルダー部分の対応は、幅6cm~9.5cm、厚み1cm以下のスマートフォンに対応しており、幅広い機種に対応しています。

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]



またホルダー部分はQi充電に対応しており、Qi対応の機種をホルダーにセットするだけで充電することができます。

[画像9: (リンク ») ]



ホルダー部分、アーム部分の向きや角度を好きな位置へ調整でき、見やすく、操作しやすい位置へ調整することができます。


本製品は、ダッシュボードなどに取り付ける吸盤タイプの「200-CAR071」、

[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]



ドリンクホルダーに取り付けるタイプの「200-CAR072」があり、

[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]



いずれにもエアコン吹き出し口に取り付けできるフリックアタッチメントを付属しているので、状況に応じて使い分けして使用することも可能です。


--------------------------------------------------------------
★直販サイト『サンワダイレクト』(本店)
(リンク »)

★Mac・iPad・iPhoneアクセサリーの直販専門サイト『Mac Supply Store』
(リンク »)

★SDカード・USBメモリの直販専門サイト『メモリダイレクト』
(リンク »)


★イチオシアイテムを動画でチェック!
(リンク »)
★サンワダイレクトはスマホページも充実! スマホで「サンワダイレクト」を検索
(リンク »)
★サンワダイレクト公式facebookファンページはこちら
(リンク »)
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」
(リンク »)
--------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]