編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「OYO LIFE」お客様の要望を反映し新プランを提供開始!「家具家電」の有無はニーズに合わせて選択可能に

OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社

From: PR TIMES

2019-10-21 18:05

~スマホで完結、初期費用ゼロ・水道光熱費込みの「賃貸住宅型サービス」OYO LIFE~

 賃貸住宅型サービス「OYO LIFE」を運営するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社(本社:東京都千代田区、CEO:勝瀬博則)は、お客様からの要望を反映し、2019年10月21日(月)より「家具家電」の付帯をニーズに合わせて選択可能なオプションサービスの提供を開始します。



[画像1: (リンク ») ]

 「OYO LIFE」は、「賃貸は初期費用がかかるし手続きが大変」という常識を変え、敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用不要、水道光熱費・Wi-Fi費込み、全てのサービスがスマホで完結の賃貸住宅型サービスです。2019年9月からは、家具家電など生活に必要な物が揃ったタイプの「家具家電付き」物件に加えて、ご自身の家具家電を持ち込める「家具家電なし」物件を展開しており、非常に多くのお客様にご利用頂いております。
 この度、「OYO LIFE」では、さらに多くのお客様のニーズにお応えするために「家具家電なし」物件を「家具なし家電付き」「家具家電付き」に変更可能なオプションサービスを提供開始します。

ニーズに合わせて選べる「家具家電」付帯オプションサービス
 敷金、礼金、仲介手数料なし。水道光熱費、Wi-Fi費込みの「家具家電なし」物件の予約者を対象に、月額4,000円で「家具なし家電付き」に、月額6,000円で「家具家電付き」に変更できるサービスをスタートします。「家具家電なし」物件でお得に生活をスタートさせたいけれど、初めての1人暮らしで引っ越しの準備が大変、家具家電を所有したくないというお客様は、より便利に新生活を始められます。なお、家具家電搬入のため、入居可能日は予約完了日より10日間以降となります。

「家具家電付き」「家具家電なし」物件で含まれる設備・アメニティは下記の通りとなります。
*一部の家具のみなどのセレクトはできかねます。

1.「家具家電付き」タイプの物件
敷金、礼金、仲介手数料なし。光熱水道費、Wi-Fi費込み、家具家電・生活に必要なアメニティ付きのプラン。
実家から出てきて1人暮らしをスタートさせたい、すぐに新生活をスタートさせたい、家具家電は所有したくないという人にぴったりなタイプの物件です。
[画像2: (リンク ») ]

※ドライヤー、鍋類、物干し、クッションは物件により異なります。
※上記は1R/1Kのお部屋のアイテムリストとなり、1LDK以上はダイニングテーブル、ダイニングチェア、テレビ、テレビボード、ソファ、寝室用ゴミ箱などが含まれます。
※ベッドフレームは物件の間取り上、設置されていない場合がございます。
※アメニティは下記内容を用意しています。(1LDK以上はアイテムが異なります。)
<アメニティ アイテムリスト>
・食器類:茶碗(2) / マグカップ(2) / 平皿(2) / フォーク(2) / スプーン(2) / ナイフ(2)
・キッチン用品:フライパン/片手鍋/包丁 / まな板 / おたま / フライ返し / ざる
・タオル・バス用品:バスタオル(2) / フェイスタオル(2)
・他:ハンガー(10本) / 電源タップ /トイレットペーパー

2.「家具家電なし」タイプの物件
敷金、礼金、仲介手数料なし。光熱水道費、Wi-Fi費込みのプラン。
少しでもお得に新生活をスタートさせたい、お気に入りの家具家電を持って引っ越ししたい、という人にぴったりなタイプの物件です。
また、月額4,000円で「家具なし家電付き」に、月額6,000円で「家具家電付き」に変更できるオプションを新たに用意します。オプションをご希望のお客様は、ご希望の物件ページより「家具家電付き」ご依頼のお問い合わせをお願いいたします。
[画像3: (リンク ») ]


OYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPAN CEO 勝瀬 博則 コメント
多くのご要望をいただいておりました「家具家電無し」物件の導入に加え、「家具家電無し物件」を「家具家電付き」物件に変更できるプランをOYO LIFEに導入いたします。また、より予約が簡単になるよう予約サイトも一新いたしました。住居に求めるものは人によって様々。スマホ1つで入居できる便利さはそのままに、いろいろな居住ニーズに応えられるよう今後も努力してまいります。

「OYO LIFE」とは( (リンク ») )
「OYO LIFE」は、テクノロジーを活用し、スマートフォンひとつで物件探し、契約や支払いのインフラ整備まで一気通貫のサービス提供を実現。家具家電付きの部屋が豊富に揃い、公共料金・Wi-Fi通信費などの基本的なアメニティも含まれています。また、検索しづらい物件情報、複雑な手続き、2年契約の縛りや敷金礼金など、今までの賃貸物件を借りる際に発生する課題を解消。自分のライフスタイルに合ったエリアで新しい生活を手軽に楽しめる新生活サービスです。

「OYO LIFE MAGAZINE」旅するように暮らす ライフスタイルメディア
( (リンク ») )
「OYO LIFE MAGAZINE」は、「旅するように暮らす」新しいライフスタイルメディアです。
「ハロー ! NEW LIFE !」をコンセプトに、今日からはじまる新生活を紹介します。一人ひとりに合ったお部屋や暮らしのヒント、あの街や人のストーリーなど様々な情報をお届けします。

「OYO LIFE」運営会社について
社名:OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社
本社:東京千代田区内幸町二丁目一番一号
CEO:勝瀬博則

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]