編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アイリスオーヤマ 台湾に現地法人を設立 家電製品を中心に現地販売を強化

アイリスオーヤマ株式会社

From: PR TIMES

2019-10-22 17:45

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、台湾国内への家電製品の販売を強化するため、台北市に現地法人「台湾アイリスオーヤマ株式会社」を設立し、2019年10月22日より業務を開始します。



[画像1: (リンク ») ]


 当社は、中期経営計画「2022年グループ売上高1兆円」を目標に掲げており、その達成に向けて更なるグローバルな事業展開と総合家電メーカーとしての一層の利益拡大が必要です。

 従来、当社では中国(大連市)から台湾向けの営業を展開してきましたが、台湾国内のお客様ニーズを掘り起こし、それに密着した「日本のライフスタイル」の提案を推進するため、このたび現地法人を設立しました。これにより新商品の開発も、台湾産のお米の銘柄に対応した炊飯器など、台湾オリジナルの商品開発を強化することで多様な生活者ニーズに対応します。

 今後は「物流センター」の新設も計画しており、2022年までには単年売上高50億円を目指します。


【台湾アイリスオーヤマ 董事長 大山 晃弘より】
 当社は2022年グループ売上高1兆円の達成のために、更なるグローバル展開を強化しています。そのなかで「東アジア強化」の戦略のもとに、本日から台湾事務所を稼働することで、台湾国内への家電販売の強化を図ります。
 台湾は日本の生活様式に近いため、当社の家電製品のビジネスチャンスが大きいと考えます。来年、物流センターの新設も計画しており、「エクスポートジャパン」としての「日本のライフスタイル」の提案を推進していきます。


■「台湾アイリスオーヤマ株式会社」概要
正式名称  :台灣愛麗思歐雅瑪股份有限公司
稼働日   :2019年10月22日
代表者    :董事長-大山 晃弘、総経理-山本 翔
所在地   :台湾台北市(中山区南京東路三段168号11階A6-1)
販売アイテム:家電製品(クリーナー、布団乾燥機、サーキュレーター、炊飯器など)
       収納用品、ペット用品、ホーム用品(物干し、調理器具など)
売上計画  :50億円(2022年までの単年売上高)
販売先   :大手チェーンストア、スペシャリティストア、インターネット通販

[画像2: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アイリスオーヤマ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]