編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ぷらっとホーム、ログ収集・保存に特化したSyslogアプライアンスサーバーの新モデルを発表

ぷらっとホーム株式会社

From: PR TIMES

2019-10-25 16:05

遠隔地からのセキュアかつ視覚的なログ管理が可能

2019年10月25日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、ネットワーク・アプライアンス製品シリーズ「EasyBlocks(R)」の新ラインナップ、Syslogアプライアンスサーバー「EasyBlocks(R) Syslog 480G」(イージーブロックス・シスログヨンヒャクハチジュウジー)を発表しました。



企業が扱う情報はマイナンバーなどの個人情報をはじめ多様化してきており、それら情報の保管・管理業務は繊細かつ神経を使うものになりつつあります。
また、これらの情報を狙うサイバー攻撃も年々増加しており、トラブル発生時には機器のログを分析し、迅速な対応を行うことが必須であり、ログの収集・保存は以前にも増して、重要度が高くなってきています。

しかし、各機能を兼用しているサーバーでは、トラブル時での問題の切り分けが判別しにくく、ログ収集・保存の
サーバーを新たに構築するには手間や時間がかかります。

[画像1: (リンク ») ]



「EasyBlocks(R) Syslog 480G」は、Syslogサーバー機能に特化し、480GBのSSDを搭載したアプライアンス製品です。従来と比較し8倍のログ受信性能※をもち、多様な機器からのログ収集・長期保存が可能です。

また、Web UIにより簡単に導入・設定作業ができ、ログ表示機能も搭載。収集したログの閲覧だけでなく、ログの種類毎の統計グラフ化や表示するログの種類などをフィルタリングすることも可能です。これにより対象のログの検索を視覚的に行え、異常を早期発見しやすくなります。

さらに、好評のリモート管理機能AirManage(R) 2の1年間使用権も付属。VPNを導入していない企業でも遠隔地から「EasyBlocks(R) Syslog 480G」に蓄積されたログの閲覧が可能なだけでなく、3世代前までの自動バックアップ機能により、外部からの攻撃や機器の不具合に関するログなどを素早く確認し、システム復旧を迅速に行え、管理者の負荷を大幅に削減します。

※当社従来製品 EasyBlocks(R) Syslog XGとの比較

「EasyBlocks(R) Syslog 480G」製品特長
・複数機器からのログ収集に対応する受信性能
80GB/日の受信性能を有し、様々な機器からのログデータ収集に最適

・リモート管理機能AirManage(R) 2
「EasyBlocks(R) Syslog 480G」の設定変更・アップデート指示等を遠隔地から実行できます。
設定変更時にAirManage2(クラウド)上に3世代前までの設定が自動でバックアップされるため、問題発生時などの設定復元が迅速に行えます。
https通信及びSSHトンネリング技術によるセキュアな通信で実行され、安全なリモート保守管理を実現します。
※ 1年間使用権が付属し、2年目以降は保守サービスに含まれ有償となります。

・Web UI搭載
専用のWeb UIにより、難しいコマンドや プログラムを書くことなく、ブラウザから機器の各種設定作業が可能で、専任のIT担当者が居ない少人数企業でも運用できます。

・ログ表示機能
蓄積したログを自動でログの種類ごとに色分けして表示し、異常を視覚的にキャッチすることができます。また、各種類のロゴの統計をグラフ化し、指定した期間のログの状態を分かりやすく表示することで、異常の前ぶれや稼働状況の把握に役立ちます。
表示期間や種類などでログ表示のフィルタリングが行えます。複数のフィルタリングルールを予め設定し、ログ確認時に表示するログの種類を切り替えたり、表示中のログをCSV形式でエクスポートする事ができます。
[画像2: (リンク ») ]


・バックアップ機能
毎月初に前月のデータのバックアップを自動でFTPサーバーへ転送する設定が可能です (ファイル形式:MySQLのダンプファイルと同等)。また、前日のデータを自動的にFTPサーバーへ送信することも可能です(ファイル形式:CSV)。

・安心のサポート用ログ出力機能
万が一トラブルが起きた際、問題切り分けに必要な情報をボタン一つで一括出力するサポート用ログ出力機能を搭載。当社サポート担当へログを提出いただく事で、素早い原因特定・復旧を支援します。

・安定稼働するハードウェアを採用
冷却ファンの排除や内蔵ストレージにSSDを採用することにより、可動部品のない堅牢性の高いファンレス構造を実現。ハードウェア故障を起因とするサービス停止の可能性を徹底排除し、可用性の高いネットワークを構築できます。

製品仕様
・ソフトウェア仕様
最大ログ受信容量80GB/日

・ハードウェア仕様
SSD容量 480GB ※ひと月あたりのログ保存容量は SSD総容量の20%以下にてご利用ください。
ネットワークインターフェイス 10/100/1000BASE-T×4
筐体サイズ 194(W)×42(H)×177(D)mm (ゴム足含まず)
重量 約1,160g
電源(内蔵) 入力100~240V
消費電力(定格) アイドル時:12.5W(19.6VA) / 高負荷時:18.1W(26.5VA)


出荷開始日
2019年12月下旬予定

関連URL
「EasyBlocks(R) Syslog 480G」製品情報
(リンク »)

ぷらっとホームについて
ぷらっとホームはLinuxサーバー・IoTゲートウェイの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピューターを供給してきました。代表的な製品である超小型Linuxマイクロサーバー「OpenBlocks(R)」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、成長しつつあるIoT(Internet of Things: モノのインターネット)の分野でもLinuxサーバーをベースとした当社のIoTゲートウェイは大きな注目を集めています。

本発表に関するお問い合わせ先
報道機関からのお問い合わせ先:
・ぷらっとホーム株式会社 製品マーケティング部
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

お客様からのお問い合わせ先:
・ぷらっとホーム株式会社 営業部
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

※外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
※ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国およびその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
※その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ぷらっとホーム株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]