編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の機能を強化

パイオニア株式会社

From: PR TIMES

2019-10-29 14:45

~加減点方式の運転評価機能と車両の運行状況抽出機能を追加~



 パイオニアは、業務用車両向けのクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を、2015年より提供しています。本サービスでは、カーナビゲーションや通信ドライブレコーダーをはじめとする業務用車載端末を通信回線でサーバーと接続し、車両の動態管理、メッセージによる業務指示や運行コースの送信・進捗管理のほか、危険運転の把握や自動日報作成など高度な運行管理・支援を行えます。

 このたび、「ビークルアシスト」のアップデートを行い、ドライバーの安全運転を正しく評価する加点項目を運転評価に追加したほか、管理者が各車両の運転状況を簡単に抽出できる機能を搭載するなど、安全運転の促進と効率的な運行管理につながる機能を追加しました。
 なお、各機能を搭載した「ビークルアシスト」のアップデートは12月上旬に開始する予定です。

[画像1: (リンク ») ]

クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」について: (リンク »)

<主なアップデート内容>
1) 運転評価に加減点方式を新たに採用
 運転評価に、危険挙動をマイナス評価するこれまでの減点方式に加え、安全運転をプラス評価する加点方式を採用。ゆっくりとアクセルを踏んで発進する「ふんわりアクセル」や、停車時に早めにアクセルを緩める「早めアクセルオフ運転」といった安全運転をプラス評価する項目を追加することで、運転時間の長短に左右されることなく良い運転、悪い運転を総合的に評価できます。また、ドライバーごとに運転のくせや傾向を把握できるので、個別に的確な指導を行うことができます。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

2) 特定の運転状況を抽出する機能を搭載
 最長連続運転時間や指定時間内/外の運転時間など特定の運転状況を簡単に抽出可能です。これにより、各ドライバーの業務負荷や定時外稼働などを容易に把握できるので、適切な管理、指導を行えます。


[画像4: (リンク ») ]

3) 他組織の車両への乗車管理が可能
 所属する組織だけでなく、別の部署や別拠点など所属組織以外の車両とドライバーを紐づけて運行記録を管理できます。保有車両を有効に活用できるため、運行業務の効率化を図れます。

4) その他のアップデート項目
・日別表示に加え、時間別表示にも対応した車両稼働率レポート
・ドライバーの危険挙動と詳細情報を利用者の権限別に管理・確認できる項目を細分化
・企業の標準ブラウザとしての採用増加が予想される「Microsoft Edge」に対応


※ PCのサポートブラウザ/Internet Explorer 11、Microsoft Edge、Chrome。
※ タブレット端末のサポートブラウザ/Safari(iOS)、Chrome(AndroidOS)。


※商品とサービスに関するお問い合わせ先※
業務用カーソリューションコンタクトセンター : TEL 0120-337-018 (無料)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]