編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

<セイコー アストロン>腕時計史における革命「クオーツ アストロン」誕生50周年を記念し、オリジナルの意匠と最新のGPSソーラーキャリバーを融合させたトリビュートモデルを発売

セイコーウオッチ株式会社

From: PR TIMES

2019-10-31 14:35

 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO:服部 真二、本社:東京都中央区)は、世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>から、世界初のクオーツウオッチ<クオーツ アストロン>の誕生50周年を記念したトリビュートモデルを11月28日(木)より全国および、海外市場において発売いたします。販売数量は50本、希望小売価格は3,800,000円+税です。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

1969年12月25日、セイコーは世界初のクオーツ式腕時計<クオーツ アストロン>を発売し、世界を驚かせました。月差±5秒以内という腕時計の歴史を変えた高い時間精度は、当時の世界の人々のライフスタイルを一変させ、「クオーツ革命」とも呼ばれています。
また、独自に開発した音叉型水晶振動子、オープン型ステップモーターをはじめ、特許権利化した技術を公開することで、アナログクオーツウオッチの世界的普及に大きく貢献し、現在においてもクオーツ腕時計の世界標準となっています。
時計技術に大きな改革を実現したことが評価され、2014年には日本機械学会によって「機械遺産」に、2018年には国立科学博物館によって「未来技術遺産」にそれぞれ認定されました。

≪商品特徴≫
時計史に名を刻む名作<クオーツ アストロン>にトリビュートを捧げ、オリジナルの意匠を再現
[画像3: (リンク ») ]

 クオーツ アストロン誕生から50年の節目を迎えた本年は、その名を受け継ぐGPSソーラーウオッチの<セイコー アストロン>より、多くの記念モデルを展開してまいりました。そして、アニバーサリーイヤーの最後を飾るのは、オリジナルモデルに込められた意志や未来への期待を具現化した意匠をコンセプチャルに再現する特別なモデルです。
 18Kイエローゴールド製のケースは、当時のシルエットを踏襲するだけでなく、オリジナルモデルと同じように熟達した宝飾加工職人の手業による特徴的な荒らし彫り模様が施されています。繊細さと雄々しさを兼ね備えた模様は円環を描き、50年の時を経て初志に立ち返り、新たな未来を切り拓こうとする<セイコー アストロン>の決意を象徴しています。

腕時計の本質を追求した、最新キャリバー「3X22」を搭載
[画像4: (リンク ») ]

 判読性に優れたシンプルなダイヤルレイアウトに加え、スリムでエレガントな当時のフォルムを再現するため、ムーブメントには世界最薄(※1)のGPS ソーラーキャリバーである「3X22」を採用。コンパクトでありながら、アストロンの独自機能である「スーパースマートセンサー(※2)」、地球上のどこにいても簡単なボタン操作で素早く現地時刻に修正する「高速タイムゾーン修正機能(※3)」などの優れた基本性能を有した、最新のGPSソーラームーブメントです。

特別なピースのために用意されたスペシャルな仕様
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


 裏ぶたには、限定モデルの証である「Limited Edition」の文字とシリアルナンバーが記されるだけでなく、クラシカルな馬蹄型の枠内に「Commemorating the 50th anniversary of Quartz Astron, released on Dec 25, 1969」のメッセージがマーキングされています。
 50周年の記念ロゴが施された、木目の美しい艶やかな無垢材のスペシャルボックスに納められています。
※実際の製品では、製造上の理由により、裏ぶたの向きが写真と異なる場合があります。

<セイコー アストロン>は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ<クオーツ アストロン>から名を受け継いでいます。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた「クオーツ革命」に継ぐ、「第二の革命」を起こすべく、2012年9月に誕生した世界初のGPSソーラーウオッチです。地球上のどこにいても簡単なボタン操作でGPS衛星からの電波を受信して、緯度・経度・高度の情報を取得することで現在地を特定し、すばやくその場所の正確な時刻を表示します。
今日に至るまで絶え間ない進化を続け、2019年は、新設計の薄型衛星電波受信アンテナを採用し、時計本来の性能に特化することで、GPSソーラームーブメントとして世界最小サイズを実現した「3Xシリーズ」が登場します。

≪商品仕様≫
<セイコー アストロン> The 1969 Quartz Astron 50th Anniversary Limited Edition
[画像7: (リンク ») ]



[表: (リンク ») ]



ガラス素材 :
ボックス型サファイアガラス(内面無反射コーティング)
防水性能 :
日常生活用強化防水(10気圧防水)
耐磁性能 :
耐磁時計(JIS 耐磁時計1種)
ケースサイズ :
[外径]40.9mm(りゅうず・突起部含まず)
[厚さ]12.8mm
アフターサービス :
メーカー保証 保証期間1年間

【ムーブメント仕様】
GPS ソーラームーブメント キャリバー 3X22
時間精度 :
平均月差±15秒(受信できない状態で、気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
受信機能 :
GPS 衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能(※4)/スーパースマートセンサー(自動時刻修正機能)/強制時刻修正機能 / 受信結果表示機能 / 受信オフ機能(機内モード)
その他機能 :
針位置自動修正機能 / ソーラー充電機能 / パワーセーブ機能/パーペチュアルカレンダー(2100年2月28日まで)

(※1) 2019 年10 月31 日時点、当社調べ
(※2) スーパー スマートセンサー
1 日に最大2 回の自動時刻受信を行うセイコー独自の技術です。外出時などに、ダイヤルに太陽光が当たると自動で受信タイミングを調整し、GPS 衛星電波受信を開始します。また、光感知による自動受信が実行されない場合でも、前回強制受信に成功した時刻を記憶していて、同時刻に自動で時刻修正を行います。(充電量が不足しているときには受信を行いません。タイムゾーンを移動した際にはタイムゾーン修正が必要になります)
(※3) 高速タイムゾーン修正
時・分・秒針それぞれに独立したモーターを搭載することにより、時刻修正時の運針速度が劇的に向上しました。
(東京→ニューヨーク(時差14時間)での運針速度の比較 8Xシリーズ:34秒 3Xシリーズ/5Xシリーズ:3秒)
(※4) 掲載商品に内蔵されているタイムゾーンのデータは、弊社ウェブサイトにてご確認ください。(www.seikowatches.com)。タイムゾーンが変更となった場合には反映されません。手動での時差設定が必要となります。また、DST(サマータイム)が実施されている地域でご使用される際にも、手動での時差設定が必要となります。

<お問い合わせ先>
セイコーウオッチ(株)お客様相談室 0120-061-012(通話料無料)

セイコーウオッチ(株)の公式Webサイトアドレス
(リンク »)

<セイコー アストロン>の公式Webサイトアドレス
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]