編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

テリロジー、自社開発RPAツールEzAvaterを一元管理する「EzAvaterロボット管理サーバ」をリリース

株式会社テリロジー

From: PR TIMES

2019-10-31 17:55

株式会社テリロジー(以下:テリロジー 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 昭彦)は、RPA(Robotic Process Automation)ツール『EzAvater』を一元管理するための運用ツール『EzAvaterロボット管理サーバ』を2019年10月31日(木)より提供を開始します。



【EzAvaterロボット管理サーバの概要】
EzAvaterロボット管理サーバは、株式会社テリロジーが開発し、複数のEzAvaterフル機能ロボット、実行専用ロボットを一元的に管理するためのツールです。各ロボットのシナリオの一元管理、スケジュール管理、ログの集中管理、実行状況の監視など野良ロボット対策やロボットの集中管理に必要な機能を提供します。


【EzAvaterロボット管理サーバの特徴と主な機能】

[画像: (リンク ») ]

*野良ロボット…作成者や管理者が不明のロボットのことで、放置すると、野良ロボットによって正しいデータが書き換えられる、システムに負荷がかかる、業務に関係のない不正な動きをするロボットの発生などの弊害が起きることがあります。


【EzAvater、EzAvaterロボット管理サーバの詳細はこちら】
URL: (リンク »)


【提供形態】
・ オンプレミス、1年間のサブスクリプション・ライセンスでの提供となります。

・ 年間利用料  ¥498,000~
※詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。


【提供開始日】
・2019年10月31日より提供を開始します。


「EzAvater」は、株式会社テリロジーの登録商標です。
その他、本リリースに記載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


【EzAvaterについて】
EzAvaterはテリロジーが開発した“究極的にカンタンな国産RPAツール” です。
自社でRPAロボットを作り、運用したいという方のために開発されたRPAツールです。
( (リンク ») )


【株式会社テリロジーについて】
株式会社テリロジーは、1989 年に会社設立、エンタープライズLAN/WAN、ブロードバンド・アクセス、セキュリティ、ネットワーク管理の4つのソリューションを中核に、市場および顧客ニーズに対応したハードウェアからソフトウェアまでの幅広い製品を取り扱うテクノロジーバリュークリエイターです。近年は、製品の自社開発やクラウドサービスの提供も行っております。顧客は大企業や通信事業者を中心に300社を超え、ネットワーク関連ビジネスでは豊富な経験と実績を上げています。( (リンク ») )


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社テリロジー
テクノロジーソリューション営業統括部オートメーションテクノロジー営業部
TEL:03-3237-3291
FAX:03-3237-3293
e-mail:ezavater@terilogy.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社テリロジーの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]