編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

大規模IoTデータの高速前処理を実現する「KSKP」バージョン2.0を提供開始

株式会社KSKアナリティクス

From: PR TIMES

2019-11-01 10:35

~製造業の機械学習への取り組みを強力に推進するIoTコマンドを追加~

株式会社KSKアナリティクス(本社:大阪府大阪市西区、代表取締役:森本 好映、以下 「KSKアナリティクス」)は、IoTデータ分析に特化した独自のデータ前処理ツール「KSKP(ケーエスケーピー)」に新たな機能を追加したバージョン2.0の提供を2019年11月1日(金)から開始します。



■バージョンアップの背景
昨年2018年8月にリリースをしたKSKPは、製造業のAI・機械学習活用における複雑で大規模な時系列センサーデータの前処理を「高速」で「柔軟」に実行できるツールとして、ご利用いただいたお客様から高い評価をいただきました。今回のバージョンアップはお客様からの要望を反映して開発したIoTコマンド等を新機能として追加。製造業の機械学習を強力に推進いたします。

■AI・機械学習活用における前処理の重要性
企業活動においてAI・機械学習活用の必要性はますます高くなっていますが、導入にあたっては課題もあり、中でも「データの収集・整理が不十分」という回答が最も多いという調査結果が発表されています。(総務省 平成30年版 情報通信白書より)機械学習に必須のデータの前処理は一部の分析スキルに長けたメンバーがその時々に必要なデータセットをプログラミングで作ることが多く、高度なスキルが求められることや、同じようなデータ加工の作業が繰り返し行われている状態、また作業の属人化及びブラックボックス化の課題につながってきました。

製造業では、予知保全や歩留まり改善、生産性の向上などを目的としてAI・機械学習を取り入れる取組が加速しています。工場のFA/IoT技術の発展により多種多様大量データの取得ができるようになりましたが、IoTデータには特有の前処理の課題が多く存在しています。例えば工程ごとの製造機械のセンサーデータとラインを流れる“モノ”の流れのデータは紐づけが困難な場合が多くあり、分析を始める際の最初の大きな壁になっています。KSKアナリティクスはこれらいくつかの課題解決のアプローチ手法を、独自のノウハウで蓄積しており、KSKPの機能開発に反映をしています。


[画像1: (リンク ») ]



■新機能IoTコマンドについて
今回のバージョンアップではIoTデータの前処理で課題となっている下記のデータ処理を適切かつ簡単に実現できる「IoTコマンド」を強化しています。

・モノの流れの紐づけ(キー情報あり/キー情報なし)
・欠落、欠損のクレンジング
・異なる観測間隔の紐づけや欠損値補完
・反復波形の可視化

SQLは時系列データ処理が苦手ですが、KSKPのIoTコマンドはプログラムの記述不要のGUIによる操作のみで容易に対応ができるようになります。
[画像2: (リンク ») ]


■KSKP体験セミナー開催のお知らせ
KSKPの製品紹介、製造業における前処理の課題と解決事例について東京・名古屋・大阪で無料セミナーを実施します。ぜひご参加ください。

《東 京》11月14日(木)、12月6日(金)15:00~18:00
《名古屋》11月22日(金)、12月20日(金)15:00~18:00
《大 阪》11月12日(火)、12月10日(火)15:00~18:00

詳細はこちらのページよりご確認ください。
(リンク »)

■データ前処理ツール「KSKP(ケーエスケーピー)」について
・KSKPは組織の分析力を高めることを目指した、容易性・共有性・改善性の高い分析環境を提供する機械学習のための前処理プラットフォームです。大量データの前処理を「高速」「柔軟」「安定」に実行できます。
・KSKPのエンジンには“NYSOL(ニソル)”を活用しています。NYSOLは文部科学省所管の国立研究開発法人である、科学技術振興機構CRESTの研究課題(グラント番号:JPMJCR1401)で開発された信頼のある技術です。
・KSKPの動作環境
【サーバー】必須ソフトウェア:DockerCE・DockerEE OS:CentOS・Ubuntu(x86_84/amd64)RAM:16GB以上(PCサーバ)※クラウドも対応可能
【クライアント】必須ソフトウェア:Webブラウザ(Google Chrome推奨) OS:Windows・Mac OS・Linux RAM:16GB以上
・ライセンス価格:お問い合せください
・製品紹介ページ: (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


[画像4: (リンク ») ]



■KSKアナリティクス 会社概要
KSKアナリティクスは「Data Analysis for Everyone! ~誰もが当たり前にデータを分析・活用できる社会を作る~」のビジョンのもと、2006年の創業以来、グローバル製造業を中心に様々な企業にデータ分析環境の構築、導入支援/分析コンサルティング/データ分析人材の育成支援等を行っています。

【会社名】株式会社KSKアナリティクス
【代表者】代表取締役 森本 好映
【所在地】
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-18-35 肥後橋IPビル6F(本社)
〒104-0045 東京都中央区築地2-7-10 築地シティプラザ7F(東京オフィス)
【設立】2006年8月
【事業内容】
1)ETL・BI・機械学習・前処理など各種分析ツールの販売、導入サポート、活用支援
2)分析環境の構築や機械学習を活用したデータ分析コンサルティングの提供
3)AI・機械学習活用人材を組織に育成するための教育、研修の実施
【URL】 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]