編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

チーフ・FX コンサルタントに吉田恒が就任

マネックス証券株式会社

From: PR TIMES

2019-11-01 09:00

~為替情報に関する発信力を強化~

 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)は、本日、吉田恒をチーフ・FX コンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX 学長(新設)として採用しましたのでお知らせいたします。



■背景
 マネックス証券では、2019 年10 月に高金利通貨の買いスワップを高く改定し、更に米ドル/円のスプレッドを0.2 銭に縮小するなど、お客様にとってより取引しやすい環境を提供してまいりました。
 このたび、年々増加しているFX ユーザーや、日本株、米国株の投資家への有益な為替情報提供を強化するために、国際金融について豊富な知見を有し、国内で30 年以上にわたり為替情報の発信者として実績のある吉田を採用することといたしました。

■吉田恒プロフィール
 大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍してきました。
 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっております。
 2011 年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めました。
 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。
 
 今後は、吉田が培ってきた国際金融に関する高い見識と経験を活かし、為替情報に関するより実践的なセミナーやレポート配信を行ってまいります。

[画像: (リンク ») ]

■吉田恒略歴
1985 年4 月 為替専門誌発行・自由経済社
      (現・DZH フィナンシャル・リサーチ)入社
2003 年2 月 同社代表取締役社長に就任
2003 年4 月 合併により持株会社、T&C ホールディングス取締役に就任
2006 年12 月 T&C ホールディングス、ヘラクレス(現ジャスタック)上場
2011 年7 月 株式会社マネースクエアのアカデミア学長に就任


■吉田恒が提供するコンテンツ(予定)
 (1)日次レポート「吉田恒の為替デイリー」
    11 月1 日(金)から毎営業日「マネクリ」(※)掲載予定

(2)週次レポート「吉田恒の 為替ウィークリー 」
11 月5 日(火)から原則毎週月曜日「マネクリ」(※)掲載予定

※「マネクリ」はマネックス証券独自の投資情報メディアです。
(リンク »)

(3)月次対面型セミナー「毎月開催!吉田 恒のFX マーケットセミナー」
第1 回 2019 年11 月20 日(水)18:30~19:45 (受付開始 18:00)
マネックス証券 オフィス
先着50 名様
以降、原則毎月開催予定。
本セミナー詳細は11 月上旬にマネックス証券サイトにてお知らせいたします。

 詳細はマネックス証券ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。
                                              
                                              以 上

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165 号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マネックス証券株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]