編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2020年向け「オフィスラウンジ」家具6商品を発売~“ABW”の働き方はさらに進化し、オフィスはマルチに使える場へ~

コクヨ株式会社

From: PR TIMES

2019-11-01 14:55

~「自分らしく、心地よく働く」オフィスラウンジ~

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、ワーカーが「自分らしく、心地よく働く」をコンセプトに開発した、2020年向けの「オフィスラウンジ」家具の6商品を、12月末より順次発売します。



近年、執務環境の多様化により「社員同士のコミュニケーションの活性化」や「多様なワークスペースの創出」を目的に、ワーカーそれぞれが心地よく働く執務環境の選択肢を設ける企業が増えています。
今回発売する2020年向け「オフィスラウンジ」の家具は、「ゆったりできるデザイン性」と「多様なアクティビティを支える機能性」の両立をコンセプトに、ソロワークやリラックスワーク等、多様なワークシーンに対応する当社独自のセッティングが可能で、ワーカーが「自分らしく、心地よく働くオフィスラウンジ」を提案します。
主なラインアップは、リラックスソファー「METTI(メッティ)」、ラウンジチェアー「SETTLE(セトル)」、スツール「CHESS(チェス)」、木製スツール「CORNE(コルネ)」、木製スツール「Pikkle(ピックル)」、アクセサリーホワイトボード「MATERIBO(マテリボ)」を中心に、その他の当社既存商品を組み合わせた提案をします。

[画像1: (リンク ») ]


○発売予定:「METTI」 2019年12月下旬、「SETTLE」 2020年1月初旬、「CHESS」 2019年12月下旬、
      「CORNE」 2019年12月初旬、「Pikkle」 2019年12月初旬、「MATERIBO」 2019年12月下旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):「METTI」 94,000円~、「SETTLE」 260,000円~、
      「CHESS」 49,000円、「CORNE」 69,000円、「Pikkle」 29,000円、
      「MATERIBO」 69,700円~
○年間販売目標 :計6商品合計 3億円

2020年向け「オフィスラウンジ家具」の特長

1.リラックスソファー「METTI(メッティ)」
リラックスからワークまで、多様な過ごし方を演出するリラックスソファー。無段階調整が可能な背もたれが様々な姿勢をサポートします。さらに自由な姿勢を演出するサポートアイテムにより、リラックスしながらの集中作業やクリエイティブワークなど、新たなスタイルを提案します。
シートタイプやベンチタイプなど、レイアウトにあわせたセッティングで、心地よいラウンジ空間を構成します。

※商品紹介サイト;kokuyo.jp/metti

[画像2: (リンク ») ]

2.ラウンジチェアー「SETTLE(セトル)」
ラウンジ空間に美しく溶け込み、ワーク機能も兼ね備えたラウンジチェアー。ロッキング機能を採用し、ライトワークからリラックスまで幅広く対応します。通常姿勢はライトワークに適した角度、後傾姿勢はリラックスした姿勢でワークができます。背座が回転するので身体の向きを変えることができコミュニケーションを誘発します。低床キャスターによりレイアウトの自由度を高め、脚はラウンジと相性の良い造形を採用しました。

※商品紹介サイト;kokuyo.jp/settle

[画像3: (リンク ») ]

3.スツール「CHESS(チェス)」
気軽な相談やクイックミーティングなどアクティブなシーンで活躍する新しいコンセプトのスツール。座面の回転とキャスター移動の組み合わせで、自由な動きを促し、360度回転する座面で身体の向きを自由に変えられます。
低床キャスターにより足元がすっきりしたデザインで、ラウンジ空間に調和するフォルムです。

※商品紹介サイト;kokuyo.jp/chess

[画像4: (リンク ») ]

4.木製スツール「CORNE(コルネ)」
革新的な技術で新しい座り心地とデザインを実現した木製スツール。スツールの概念を覆す、驚きの軽さ(約2kg)と、安定性を実現。薄く弾力のあるカーボンシートを使った成型合板を採用し、天然木の素材感を生かした魅力ある表面仕上げを採用しました。

※商品紹介サイト;kokuyo.jp/corne

[画像5: (リンク ») ]

5.木製スツール「Pikkle(ピックル)」
カジュアルな空間に合う、シンプルなデザインの木製スツール。シンプルな木の座面に加えて、風合いのあるプレーン張地、ファブリック張地をラインアップ。
多様な空間に調和するカラーを用意しました。最大5脚までスタッキング可能です。

[画像6: (リンク ») ]

6.アクセサリーホワイトボード「MATERIBO(マテリボ)」
多様な機能ボードの組み合わせが可能な、アクセサリーホワイトボード。ワンアクションで折りたため、気軽に持ち運びができます。
両面ホワイト板面やピンナップボード、パンフレットスタンドなどのバリエーションを用意しました。ラウンジ空間でも機能性を備えたホワイトボードが、やさしいカラーをまとってリビングライクに活用できます。

※商品紹介サイト;kokuyo.jp/materibo

[画像7: (リンク ») ]

※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

                                                 以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]