編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

オフィス家具ブランド「inGREEN(イングリーン)」を発売~アウトドアの雰囲気で、「働く」をもっと楽しく有意義に~

コクヨ株式会社

From: PR TIMES

2019-11-01 14:55

~自分らしさを、持ち寄ろう!~

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、オフィス内でアウトドア感覚の執務空間を構築できるオフィス家具ブランド「inGREEN(イングリーン)」を、2020年1月下旬から発売します。



近年、オフィスにリビングテイストなデザインや空間が普及するとともに、オフィス以外でもカフェやシェア
オフィスなど、個人が働く場所や時間を選択した、多様な働き方が広がっています。
今回発売する「inGREEN」は、オフィス以外でも仕事ができる時代にあるなかで、あえてオフィスと対極に
あるアウトドアで余暇を過ごすような雰囲気を想起させ、ワーカーがそれぞれのユニークを持ち寄り、自然
体でコミュニケーションができる、そんなワークスタイルを目指し、企画開発をしました。
各構成は、テント、テーブル、チェアー、スツール、スクリーン等を用意しました。それぞれがオフィス家具
としての品質、使いやすさにこだわった仕上がりで、オフィスとは思えない自然の雰囲気で、ワーカーが自
分らしさを持ち寄り、「働く」を楽しみながら、新たな価値を生み出すワークスタイルを提供します。

[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

○発売予定:2020年1月下旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):inGREENテーブル 円形(W900mm×D900mm)159,200円~、
inGREENベンチ 長方形(W1,500mm×D400mm) 133,200円~、テントサークル クロスタイプ(W2,700mm×
D2,700mm) 459,000円~、他
○年間販売目標 : 3億円

オフィス家具ブランド「inGREEN(イングリーン)」の特長

1.アウトドアキャンプを想起させるデザイン
カジュアルで開放的なデザインでワークシーンに合わせてアウトドアの雰囲気を構成できます。テントは
布を巻き上げて開放感のあるスペースにもでき、カジュアルなワークスタイルを演出します。
ワーカーの気分を高め、リラックスを演出する植栽や照明器具等のアクセサリーも充実。スクリーンやチェ
アーでリラックスしながら、仲間との距離感を縮める、そんな新しいワークスタイルを提案します。

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


2.自然の風合いとワークに必要な機能を両立
自然の風合いとラフさで、アウトドアの臨場感を感じるテーブル、ベンチ、ウッドデッキ等は、フレッシュな
印象と肌触りのある素材使いで、臨場感のある空間を構成できます。木質感のあるテーブル天板(OSB合
板)、すのこ天板は、オフィスワークに必要な配線機能を備えているので、多様なセッティングが可能です。
天板表面は、塗装仕上げにより、オフィスワークに十分な品質と、使いやすさを実現しています。

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

※商品紹介サイト; (リンク »)
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

                                                 以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]