編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

企業間後払い決済サービス「NP掛け払い」がGoogle ショッピング広告自動運用サービス「EC Booster」に導入

株式会社ネットプロテクションズ

From: PR TIMES

2019-11-05 11:00



[画像: (リンク ») ]

 新しい信用を創造するCredit Tech(クレジットテック)のパイオニア、株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田紳、以下「当社」)は、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区湯島、代表取締役:塚田耕司、以下「フィードフォース」)が運営するGoogle ショッピング広告自動運用サービス「EC Booster」へ、BtoB・企業間後払い決済サービス「NP掛け払い」の提供を2019年11月5日(火)より開始いたします。

■「NP掛け払い」導入の背景と期待する効果
 「EC Booster」はこれまで、お支払い方法としてクレジットカードのみを提供していましたが、今回の連携により、「EC Booster」新規お申込みのお客様には、お支払い方法をクレジットカードと請求書払い(「NP掛け払い」)からお選びいただけるようになりました。法人用クレジットカードの使用に申請が必要であったり、番号を入力する手間がかかったりする場合、請求書払いを選択することでより手軽にGoogle ショッピング広告を始められるようになります。
 また、「NP掛け払い」の導入により、フィードフォースが請求業務にかけてきたリソースを削減でき、お客様へ提供するサービスの品質向上に時間をさくことが可能になります。

■NP掛け払いとは
 「NP掛け払い」は、BtoB・企業間決済代行サービスです。当社が企業(売り手)と企業の顧客(買い手)の間に入り、買い手への与信から請求書の発行、代金の回収、未回収リスクの保証まで掛け売り業務全てを請け負います。「NP掛け払い」の導入により売り手は営業活動などの価値創造に繋がるコア業務に集中できることに加え、法人から個人事業主までを対象に柔軟に掛け売りの提供ができるため、販路拡大・売上向上が見込めます。また掛け売りの提供は買い手のキャッシュフロー改善にもつながります。本格提供を開始して以来、加盟企業数(アカウント発行数)は約1,700件、累計利用数260万社を超えています。

「NP掛け払い」の詳細はこちら: (リンク »)

■株式会社ネットプロテクションズ概要
 当社はテクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、前年比約140%のスピードで成長を続け、現在では累計利用件数が1億4000万件を突破するまでに至りました。2014年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、前年比約170%のスピードで成長を続けております。2017年には、購買体験がこれまでより快適になる新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもカードレス決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。これらの事業を通じて、顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用ビッグデータを保有しており、今後は様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

商号 :株式会社ネットプロテクションズ
代表者 :代表取締役 社長(CEO)柴田 紳
URL : (リンク »)
主な事業概要      :BtoC通販向け後払い「NP後払い」の運営
             BtoB向け後払い「NP掛け払い」の運営
BtoCサービス向け後払い「NP後払いair」の運営
新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営
ポイントプログラムの運営
設立 :2000年1月
資本金 :1億円
所在地     :〒102-0083
東京都千代田区麹町4-2-6住友不動産麹町ファーストビル5F

■EC Boosterとは
「EC Booster」は、Google ショッピング広告の自動運用による自社EC自動集客サービスです。
主要ECシステム(futureshop、MakeShop、ショップサーブ、カラーミーショップ)と連携することで、Google の検索結果画面に画像付きで自社商品を訴求することが可能となります。
さらに、広告配信結果を簡単に把握できるダッシュボードを提供することで、EC運営者の意思決定を支援し、売上拡大に貢献します。

■株式会社フィードフォース概要
株式会社フィードフォースは、データフィード、構造化データ、ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。
2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。
今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

商号          :株式会社フィードフォース
代表者         :代表取締役 塚田 耕司
URL          : (リンク »)
主な事業内容      :データフィード関連事業
デジタル広告関連事業
ソーシャルメディアマーケティング関連事業
設立          :2006年8月
資本金         :443,850,000円
所在地         :〒113-0034 東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]