編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MetaMoJiが、必要に応じてつないで使えるホワイトボードカレンダー「リンクカレンダー 2020」を、本日より一般発売開始

株式会社MetaMoJi

From: PR TIMES

2019-11-06 15:35



株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、つないで使える新スタイルのホワイトボードカレンダー「リンクカレンダー2020」の一般販売を、Amazon等のオンラインショップで本日より開始いたします。
[画像1: (リンク ») ]


「リンクカレンダー 2020」はクラウドファウンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて事前予約を行い、プロジェクトの目標達成率が200%を超える人気商品となりました。
(リンク »)

MetaMoJiでは、今後もアプリによる問題解決とともに、アナログなツールによる提案をあわせて行ってまいります。

<「リンクカレンダー 2020」の特長>

1.ホワイトボードのように自由に書いたり消したりできる
市販のホワイトボードマーカーを使うことで、自由に書いたり消したりできます。
※カレンダー用紙には欧文印刷株式会社の「消せる紙印刷(特許取得)」を使用
「消せる紙印刷」の詳細につきましては以下の欧文印刷ホームページにてご確認ください。
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]



2.必要に応じて簡単につないだりはずしたりできる
透明リングを使ったシンプルな仕組みで、簡単にカレンダー用紙を自由につないだり外したりすることができます。
[画像3: (リンク ») ]


同梱されるカレンダー用紙は以下の通りです。
・年間カレンダー 1枚
・月毎カレンダー(1月~12月) 各1枚(全12枚)
・週間予定表 1枚
・予定表(フリー) 1枚


[画像4: (リンク ») ]


3.目的に応じて2種類のサイズを用意
掲示する場所や目的に応じて2つのサイズから選ぶことができます。
・A3版(サイズ:297×420mm)
・A4版(サイズ:210×297mm)
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


※本商品にホワイトボードマーカーは付属していません。

商品の詳細につきましては以下のMetaMoJiホームページにて公開しています。
(リンク »)

<販売情報>
発売日:2019年11月6日
価格: 「リンクカレンダー 2020 A3版」 3,000円(税別)
「リンクカレンダー 2020 A4版」 2,500円(税別)
販売場所:
1)AmazonでのMetaMoJi直接販売
A3版: (リンク »)
A4版: (リンク »)

2)AppBank Storeオンラインショップでの販売
(リンク »)

3)マクアケストアでの販売(後日開始予定)
(リンク »)

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]