編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

“G-SHOCK”とトランスフォーマーのコラボレーションモデル

カシオ計算機株式会社

From: PR TIMES

2019-11-07 10:21

時計と台座に変形する悪のロボットをセットで発売

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”と、株式会社タカラトミーの変形ロボットキャラクター「トランスフォーマー」とのコラボレーションモデル第2弾として、時計の台座に変形可能なロボットのフィギュアをセットにした『DW-5600TF19-SET』を12月7日より発売します。



[画像1: (リンク ») ]

どんなときも力強くタフな存在であり続け、日本発の世界的ブランドという共通点から生まれた“G-SHOCK”と「トランスフォーマー」のコラボレーションモデルは、今回で2度目の制作となります。昨年発売の第一弾は、タカラトミー完全監修のオリジナルストーリーにもとづき、正義の英雄「マスターオプティマスプライム」が登場。第2弾では、続編として闇に堕ちた戦士「マスターネメシスプライム」を具現化しました。ロボットの胸部は、時計を内蔵できる特別仕様となっているほか、時計を飾るための「台座モード」にも変形可能です。

[画像2: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]


ロボットと同じ漆黒のボディに、レッドをアクセントカラーとした時計は、スクエア型の「DW-5600」をベースモデルに採用。バンドは、裏表で色が異なるブラックとブルーグリーンの2色成形バンドを用い、「マスターネメシスプライム」の印象的なカラーリングを再現しています。
[画像4: (リンク ») ]

ELバックライト点灯時には「マスターネメシスプライム」が所属する悪の軍団「ディセプティコン」のエンブレムが浮かび上がります。専用パッケージも用意し、コレクションとしても楽しめるスペシャルモデルに仕上げました。

[画像5: (リンク ») ]


■DW-5600TF19-SET 30,000円+税


[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


■トランスフォーマーとは
「トランスフォーマー」は、株式会社タカラトミー(当時:株式会社タカラ)が作り出した“日本の玩具発”コンテンツで、「Robots in disguise」=『ロボットが身の回りにある、ありとあらゆる物体に自由自在に変形し、潜んでいる』という唯一無二のコンセプトや、自由自在に変形することができる超ロボット生命体が宇宙を舞台に戦う壮大なストーリーと共に展開しています。

1984年にアメリカで玩具発売後、アニメやコミックが大ヒットし、1985年に日本でも玩具販売とアニメがスタート。2007年からは、スティーブン・スピルバーグとマイケル・ベイによりハリウッドで実写映画化シリーズが始まり大ヒットしました。現在では世界130以上の国と地域で5億個以上の販売実績を持つ、世界中で大人気のキャラクターとなっています。

トランスフォーマー公式サイト:  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]