編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

エムティーアイ、山梨中央銀行と業務提携契約を締結

株式会社エムティーアイ

From: PR TIMES

2019-11-07 17:05

~口座直結型QRコード決済『&Pay』によって、地域経済活性化の実現へ~

 株式会社エムティーアイ(東京都新宿区、代表取締役社長:前多 俊宏 以下、「当社」)は、株式会社山梨中央銀行(山梨県甲府市、代表取締役:関 光良 以下、「山梨中央銀行」)とスマートフォンを活用したキャッシュレス決済による地域活性化を目指し、業務提携契約を10月23日(水)に締結しました。
 当社の口座直結型QRコード決済サービス『&Pay(アンドペイ)』を、API 連携により山梨中央銀行の口座と接続し、地域に根付いたキャッシュレス決済を促進していきます。



[画像1: (リンク ») ]


◆ついに山梨県でも『&Pay』が始動!山梨中央銀行、地元企業と協働しキャッシュレスを推進

 今回の山梨中央銀行との提携では、地元企業のニーズに合った『&Pay』の導入を実現します。『&Pay』を介する決済・送金によって、地域の生活者、事業者、金融機関などすべての人々をつなげることで、これまでにない新しい地域コミュニケーションを創出し、決済データを用いた地域活性化を目指し、2020年2月より商用化を予定しています。

≪&Payの概要≫
金融機関の更新系API※1との連携により、クレジットカード会社などの中間業者を介さずに銀行口座から直接決済ができるQRコード決済サービスです。当サービスの決済データは、提携する金融機関や加盟店に提供することで、地域内でそのデータを活用した新たなニーズの調査・分析やサービス開発などのマーケティング活動に役立てることが可能となります。

≪株式会社山梨中央銀行について≫
1941年12月創立の、総預金残高2兆9,940億円を有し国内92店舗を展開する山梨県内唯一の地方銀行です。(2019年3月現在)「地域密着と健全経営」を経営理念とし、地域に根ざした地域社会の繁栄と経済発展に寄与することを目指しています。山梨中央銀行の詳細は (リンク ») をご覧下さい。


[画像2: (リンク ») ]

サービス名:&Pay
月額料金(税込):無料
アクセス方法:
<アプリ>App Store、Google Playで『&Pay』で検索
(対応OS: Android 5.0以上、iOS 10.0以上)
アプリのダウンロード・加盟店の申し込みはこちらから: (リンク »)

※1:金融機関の口座情報にアクセスするAPIには、参照系APIと更新系APIの2種類が存在。参照系API:金融機関の残高や入出金履歴などを外部サービス内で閲覧できるAPI。更新系API:外部サービス内から振込などの更新を可能とするAPI。(API:Application Programming Interfaceの略。複数のシステム間でデータをやりとりする際に必要な技術的仕組み。)
※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。
※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。 
※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]