編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

お歳暮調査2019

株式会社ぐるなび

From: PR TIMES

2019-11-07 18:25

~平均額約4,552円。肉加工品やビールに支持集まる~

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)が運営する「接待の手土産」( (リンク ») )は、2019年の「お歳暮」の傾向について、アンケート調査を実施しました。



[画像1: (リンク ») ]

今年のお歳暮について、「贈る」と回答した人は約45%で、「贈らない」と回答した人よりも10ポイント近く下回りました。近年、儀礼廃止などとして、企業間などでも“お歳暮離れ”が指摘されていますが、一方で個人としてお歳暮を贈る習慣を継続している人も多く、贈り先としては「親戚」が約37%、身近な人以外では「友人・知人」が約26%と仕事関係者に贈るという回答を上回りました。

お歳暮を選ぶ時の予算としては、3,000~5,000円未満と回答した人が6割近くにのぼり、全体の平均額は約4,552円。平均額はこれまで贈ったお中元よりも87円ほど安くほぼ同額となりました。

今年のお歳暮商品としては、定番ともいえるハムやソーセージなどの肉加工品と回答した人が約26%で最も高く、日持ちがして来客時などにお出しできるようにと、年末年始に活用できる商品を選んでいることが分かりました。同様に受け取って嬉しいものについても、肉加工品が約23%と高く、その他、精肉や魚介類、ブームの続くクラフトビールなど、普段は自分で買わない “プチ贅沢”を感じる商品などが挙げられました。

【調査概要】
■実施期間:2019年10月18日(金)~10月20日(日)
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:20~60代の男女ぐるなび会員
■サンプル数:1,530名(男性:784名、女性:746名)

お歳暮に関する基礎データ
n=1,530
贈る予定がある 44.7%
贈る予定はない 55.3%

[画像2: (リンク ») ]

◆お歳暮に関するアンケート結果ポイント◆
1.お歳暮平均予算約4,552円、お中元よりも約87円安くほぼ同額
2.もらって嬉しいお歳暮はお菓子よりもハムやソーセージなどの肉加工品!
3.お歳暮選び「失敗」した人43%と半数近く、理由は相手の好みを考えずに選んでしまったから
4.5割以上お歳暮贈らず、“お歳暮離れ”の理由は儀礼廃止が4割弱
5.冬ギフトを贈る人の中で、友人・知人に“冬ギフト”贈る人が4割弱


1.お歳暮の平均予算は約4552円、過去に贈ったお中元とほぼ同額

[画像3: (リンク ») ]



今年は過去に贈った「お中元」の平均金額と比べ87円低く、ほぼ同額の予算であることが分かった。

2.お歳暮で嬉しい商品は、肉加工品(ハム・ソーセージ)に次いでビール

[画像4: (リンク ») ]

△お歳暮でもらって嬉しい商品としては、肉加工品のハムやソーセージ、ローストビーフなどが人気となった。日持ちすることや、年始のオードブルなどに家族で楽しめるなど理由をあげた人が多かった。次いで人気となったのがビール。実用的で、普段は自分で買わないという“プチ贅沢”を感じさせる商品に人気が集まった。

・親戚からのハム・ソーセージの詰め合わせが味、高級感、保存性に優れて良かった(60代男性)
・レンチンするだけで食べられる物は疲れて何もしたくない時に重宝(30代女性)
・すき焼きのセットは届いてから食べるまでが楽しみでした(40代女性)
・普段は食べることのないブランド牛肉の精肉 (50代女性)
・活きホタテを家族で楽しく食べられました(40代男性)
・いつも飲むのは発泡酒なのでビールをいただくと嬉しいです(50代男性)
・定番のビールも好きだけどクラフトビールは飲んだことがなかったので嬉しかった(40代女性)
・普段なかなか手が出ないお菓子、無難な品を贈ろうという考えが変わりました(50代女性)

3.お歳暮選び「失敗」した人は半数近く、相手の好みと違った

[画像5: (リンク ») ]

△「よくある」「たまにある」を合わせた43%の人が失敗した経験を持ち、相手の好みを考えずに選んでしまったことを理由に挙げた人が男性では50.3%と半数以上、女性でも40.8%と最も高くなった。

4.5割以上お歳暮贈らず、“お歳暮やめた”6年以上前からが3割


[画像6: (リンク ») ]


△お歳暮を贈らないと回答した人のうち、30%以上の人は6年前以上前から贈らず、53%の人が贈ったことがないと回答。若年層ほどその傾向は強かった。やめた理由としては、「儀礼廃止」が最も多く、次いで「面倒」、「返礼習慣を避けるため」という回答が続いた。

5.形式にこだわらない“冬ギフト”は友人・知人に4割近く

[画像7: (リンク ») ]

△お歳暮ではなく冬ギフトとして贈る相手は、友人・知人が最も多く、返礼など相手に負担をかけずに贈りたいという理由をあげた人が半数近くに上った。平均額はお歳暮よりも342円冬ギフトが下回った。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ぐるなびの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]