編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

≪フジファブリック WOWOW初登場記念スペシャル!≫初めて3人体制で行った2011年のツアーを放送!

株式会社WOWOW

From: PR TIMES

2019-11-12 18:45

番組サイト: (リンク »)



[画像: (リンク ») ]

メジャーデビューから15年というアニバーサリーイヤーを迎えたフジファブリック。WOWOWでは11月から12月にかけて「フジファブリック WOWOW初登場記念スペシャル!」と題して彼らを特集する。

2009年12月24日、バンドのメインコンポーザーでありボーカル&ギターを担当していた志村正彦が急逝した。残されたメンバーは必死に前を向いていくことを決意し、志村が手掛けていたデモ音源をもとにアルバム『MUSIC』を2010年に完成させた。
そして2011年には3人で活動を続行することを表明。3人体制で臨んだ初のアルバム『STAR』を携え行った全国ツアー「ホシデサルトパレードTOUR 2011」より東京公演の模様を11月15日に放送する。フジファブリックが大きく飛躍するステップとなったライブであり、セットリスト、パフォーマンスのすべてから、彼らの「これから」を感じさせた重要な公演は必見だ!

さらに、主題歌と初の劇伴を担当した話題の映画『ここは退屈迎えに来て』や、12月には初の大阪城ホール公演の模様と15周年記念番組を放送する。

■■■フジファブリック WOWOW初登場記念スペシャル!■■■
フジファブリック ホシデサルトパレードTOUR 2011
11月15日(金)夜9:00[WOWOWライブ]
収録日・収録場所:2011年12月16日/東京 Zepp Tokyo

映画『ここは退屈迎えに来て』
11月22日(金)夜9:00[WOWOWシネマ]
山内マリコのデビュー小説を「ママレード・ボーイ(2018)」の廣木隆一監督が映画化、フジファブリックが担当したことも話題を呼んだ。2004年の高校時代から2013年の現在まで時間軸をバラして描き、成田演じる椎名くんと、橋本演じる「私」、門脇演じる「あたし」ほか、さまざまな人物が結び付いてそれぞれの心情が浮かび上がる。長回し撮影を多用して登場人物の感情を引き出す廣木監督の手腕が光り、フジファブリックの初期の名曲「茜色の夕日」を巧みに使った場面は特に印象に残る。

フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019 「IN MY TOWN」
12月20日(金)夜9:00[WOWOWライブ]
収録日・収録場所:2019年10月20日/大阪城ホール

フジファブリック 15周年記念番組“手紙”
12月20日(金)夜11:00[WOWOWライブ]
番組サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]