編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

人材活力強化&収益力アップセミナー

株式会社エクサ

From: PR TIMES

2019-11-13 13:00

人材データの活用による企業活力の強化と管理会計(原価計算)による収益の見える化を実現

11月28日(木)株式会社エクサ主催、スパーストリーム株式会社協賛でセミナーを開催します。



[画像: (リンク ») ]

DX(デジタルトランスフォーメーション)対応、働き方改革等、目まぐるしく変化する競争環境において、企業はITによる変革を求められています。しかしながら、基幹業務システムの現状は、勤怠管理システムの追加導入、消費税対応への改修、電子申告対応などに留まっている事例が散見されます。

元々、販売管理、購買システム、会計システム、人事給与システム等を個別に導入しているため、全社業務プロセスの見直しやDX対応に備えた全社データ項目の見直しに至らず、ムリ・ムダ・ムラな業務を残したままだったり、経営管理(PDCAサイクル管理)に必要なデータの収集や加工に手作業を残したままではないでしょうか。

エクサは、人材データの活用による企業活力の強化、管理会計(原価計算)による収益の見える化を実現するソリューションを豊富に取り揃えています。
本セミナーでは最新の企業変革の動向とこれを実現するソリューションをご紹介します。

■ 開催概要

[表: (リンク ») ]


■ 関連ソリューション
▼ 会計・人事給与ソリューション SuperStream-NX
  (リンク »)

▼ プロジェクト別 原価管理対応の基幹業務ソリューション ActualPROII
  (リンク »)

▼ 人事/人材情報統合プラットフォーム Oracle HCM Cloud
  (リンク »)

※ ActualPROIIは株式会社エクサの登録商標です。
※ その他、記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標の場合があります。

■ スーパーストリーム株式会社について
スーパーストリーム株式会社は会計・人事分野に特化した経営基盤ソリューション「SuperStream」の企画・開発・販売を行っています。
「SuperStream」は1995 年 6 月の提供開始以来、国内の中堅・大手企業を中心に、累計で 9,000 社(2019 年 3月末時点)を超える導入実績があり、機能の充実度や顧客満足度について特に高い評価をいただいています。
さまざまな業種の業務ノウハウと日本の商慣習を充分にふまえた製品開発を続けており、企業のバックオフィスを支える経営基盤として、経営的視点に立った情報活用と企業の成長戦略を強力にサポートしています。
URL: (リンク »)

■ 株式会社エクサの概要
設立年月日:1987年10月
資本金:1,250百万円
株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を母体とするITサービス会社です。先進技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]