編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドライブレコーダー“Everio(エブリオ)”「GC-BR21」を発売

株式会社JVCケンウッド

From: PR TIMES

2019-11-14 11:23

後方からの追突やあおり運転などを鮮明に記録できる後方撮影専用モデル

株式会社JVCケンウッドは、JVCブランドより、ドライブレコーダー“Everio(エブリオ)”の新ラインアップとして後方撮影専用モデルの「GC-BR21」を11月下旬より、発売します。
本機は、後方からの追突やあおり運転などの記録に対応するリア専用のドライブレコーダーです。リアガラスへの設置を可能にする8mのロングシガープラグコードと熱線を避けるスリット入り粘着テープ付き取付ブラケットを同梱。車の後方の映像を鮮明な高画質フルハイビジョンで記録できます。また、Wi-Fi(R)機能も搭載しスマートフォンなどで、すぐに撮影映像の再生や見たい映像を選んで転送することができ、手軽に後方の状況の確認が可能です。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



<企画意図>
テレビ報道を通じてあおり運転などの映像が放映されるケースがますます増えていることもあり、車の前方だけではなく後方を撮影できるドライブレコーダーへのニーズは急速に高まっています。
そこで当社は、後方の状況を記録することに特化した、後方撮影専用のドライブレコーダー「GC-BR21」を発売します。
本機は、既に前方用のドライブレコーダーを設置しているユーザーでも、手軽に追加ができるよう企画したアドオンタイプのドライブレコーダーです。リアガラスへの設置を可能にする8mのロングシガープラグコードと熱線を避けるスリット入り粘着テープ付き取付ブラケットを同梱し、電源の確保と設置場所への配慮をしています。
録画・撮影性能としては、高画質フルハイビジョン記録への対応に加え、Wi-Fi(R)機能を搭載。高画質撮影された映像をスマートフォンなどで再生・転送でき、映像を見ながらすぐに状況を確認できます。
また、既に発売中のフロント用ドライブレコーダー“Everio(エブリオ)”「GC-DR20」(2019年7月発売)などの前方用ドライブレコーダーと組み合わせて設置することで、前方・後方ともに運転状況の高画質記録が可能となり、運転時の安全・安心をより広範囲でサポートします。

<「GC-BR21」の主な特長>
1.リアガラスへの設置※1を可能にする8mのロングシガープラグコードとスリット入り粘着テープ付き取付ブラケットを同梱
8mのロングシガープラグコードを同梱。ダッシュボードから電源を確保しても、リアガラスへの設置が可能です。また、リアガラスの熱線を避けるよう取付ブラケットに貼付した粘着テープにスリットを入れています。
※1:取付・配線作業は専門技術が必要な場合があります。安全のため専門技術者に依頼されることをおすすめします。

2.「論よりスマホ」、Wi-Fi(R)機能を搭載し、スマートフォンなどに撮影映像の転送が可能
Wi-Fi(R)機能を搭載し、本機で撮影した映像をカメラ本体からSDカードを抜くことなく、スマートフォンなどへの転送が可能。万が一の際も、スマートフォンの画面で映像を見ながら状況を確認することができます。専用のスマートフォン/タブレットアプリ「JVC Dashcam」により、本機とWi-Fi(R)でダイレクト接続※2し、本機に記録された映像をそのままストリーミング再生できるだけでなく、必要な動画ファイルだけを選んでスマートフォンに転送することも可能です。また、本機とアプリを接続することで、日時が自動で設定されるので便利です。
なお、「JVC Dashcam」は、フロント用ドライブレコーダー「GC-DR20」(発売中)にも対応し、本機との共通アプリとして利用可能。「GC-DR20」をフロントカメラに、本機をリアカメラに同時に装着した場合も、本アプリひとつで両カメラをコントロール※3できます。
※2:対応OS: AndroidTM スマートフォン/タブレット: AndroidTM OS 4.4 ~ 9.0、iPhone/iPad: iOS 10~13※3:同時に2台接続はできません。切り替えての使用になります。
[画像3: (リンク ») ]

<GC-BR21-B>

[画像4: (リンク ») ]


3.2.0型液晶モニターを搭載し、画角の確認が容易
2.0型カラー液晶モニターを搭載し、設置時の画角が容易に確認できます。液晶画面は、1分間操作がないと消灯※4し、後方確認時に視界に液晶画面が入って気になることをできるだけ避けられるよう、配慮しました。
※4:本体メニューおよび専用アプリ「JVC Dashcam」で変更も可能です。
[画像5: (リンク ») ]

<ブラケット装着イメージ>

4.フルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応し、走行時の鮮明な映像記録が可能
高精細なフルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで鮮明に記録することが可能です。
[画像6: (リンク ») ]

5.衝撃を検出する「Gセンサー」を搭載
「Gセンサー」を搭載し、衝撃を検出した10秒前から50秒後までを録画。映像は上書きがされない「イベント」フォルダに保存されます。

6.1秒間に撮影するコマ数を適正に設定し、全国のLED信号機の無点灯記録を防止
7.急激な明るさの変化に強いWDR(ワイドダイナミックレンジ)を搭載
8.高耐久MLCタイプのmicroSDHCカード(8GB)を付属
9.地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計
10. 車に貼り付ける「録画中」ステッカーを同梱し、あおり運転の抑止をサポート

[画像7: (リンク ») ]

<ステッカー同梱>
<商標について>
●「Everio」「論よりスマホ」は株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。●microSDロゴ、microSDHCロゴはSD-3C LLCの商標または登録商標です。●Android™、は、Google Inc.の商標および登録商標です。●iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。●iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。●Wi-Fi、Wi-Fiロゴ、Wi-Fi CERTIFIED、Wi-Fi CERTIFIEDロゴは、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。●Windows、Windows Mediaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。●その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------------------------------------------
【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】 JVCケンウッド カスタマーサポートセンター
TEL : 0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)/
0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル) / 045-450-8950(一部IP電話から)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
www.jvckenwood.com

当社プレスリリースURL (リンク »)

[画像8: (リンク ») ]

<GC-BR21-B>

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社JVCケンウッドの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]