編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「ブランチ大津京(おおつきょう)」グランドオープン(ニュースリリース)

大和ハウス工業株式会社

From: PR TIMES

2019-11-14 12:00

■大津びわこ競輪場跡地に新たな複合商業施設が誕生

 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田俊作)は、滋賀県大津市に複合商業施設「ブランチ大津京」を2019年11月29日(金)にグランドオープンします。



 本事業は、大津市が競輪場跡地の利活用方法につて、2017年2月に公募型プロポーザル方式により、民間事業者の創意工夫による提案を募集。当社は「公園の中の商業施設」を事業コンセプトに、1.「地域コミュニティの形成」2.「生涯スポーツの推進と健康支援」3.「未来を担う子どもの教育支援」4.「新規ビジネスと女性雇用の創出」という4つのテーマを提案し、事業者に選定されました。
 当施設には、日用品を販売する物品販売店舗、公園利用や買い物で訪れた方が利用できるカフェ・レストランのほか、幅広い世代が体を動かすことができるアウトドア・フィットネス関連の店舗や、地域交流スペース、託児機能付きオフィススペースなどを配置。また、3人制バスケットボールのコートを整備し、3人制バスケのプロチームによる試合の開催や、子ども向けのスクール開講も予定しています。
 「ブランチ大津京」は公園の中の商業施設として地域の皆さまに活動・ご利用いただける施設を目指します。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

■ブランチ(BRANCH)について
 ブランチは当社が全国に展開する複合商業施設ブランドです。
「つどう、つながる、ひろがる」を施設コンセプトに、大きく広が
る木の枝をイメージし、地域のコミュニティを育む拠点として体験
型施設や交流スペースを設けた新しい業態の複合商業施設です。
 ブランチ業態として神戸学園都市(兵庫県)、茅ヶ崎(神奈川県)、
仙台(宮城県)、福岡下原(福岡県)、松井山手(京都府)、岡山北
長瀬(岡山県)、札幌月寒(北海道)、横浜南部市場(神奈川県)を
運営しています。(2019年11月14日現在)

■施設概要(2019年11月14日現在)
[画像3: (リンク ») ]

ホームページ: (リンク »)

■アクセスマップ
[画像4: (リンク ») ]

■店舗名(2019年11月14日現在)

[画像5: (リンク ») ]



[画像6: (リンク ») ]

※未掲載店舗については2019年12月以降順次オープン予定

■フロアマップ(2019年11月14日現在)
[画像7: (リンク ») ]



■オープニングセレモニーについて
 11月29日(金)AM9:30より、施設特設会場(さんかく広場)にてオープニングセレモニーを執り行います。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]