編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「柏インター物流センター」を満床で竣工(ニュースレター)

大和ハウス工業株式会社

From: PR TIMES

2019-11-15 15:05

■千葉県柏市に新たな物流施設

 大和ハウスグループの大和物流株式会社(本社:大阪市、社長:緒方 勇)は、2019年10月31日、千葉県柏市において物流施設「柏インター物流センター」(以下、「本センター」)を竣工し、2019年11月1日より稼働しましたので、お知らせします。



[画像1: (リンク ») ]


1.「柏インター物流センター」の特長
■施設仕様
 本センターは、地上4階建て、延床面積14,489.99平方メートル (約4,383坪)の広さを誇る物流施設です。
 床荷重1.5t/平方メートル から2.0t/平方メートル 、梁下天井有効高5.0mから5.5mを確保し、重量物を含めた幅広い種類の貨物に対応可能なほか、貨物用エレベータと垂直搬送機をあわせて4基設置し、効率的な物流業務を実現します。
 また、全館LED照明を採用し、環境にも配慮しました。

■立地
 本センターは、関東と東北を繋ぐ常磐自動車道の「柏インターチェンジ」から約560m、国道16号線沿いで、広域配送拠点として優れています。
 また、東武鉄道野田線「運河駅」から約2.3km、つくばエクスプレス「柏たなか駅」から約2.4kmと、雇用確保の面においても良好な環境が整っています。
[画像2: (リンク ») ]

2.今後の運営について
 本センターは、開発段階から複数の企業様から引き合いを受け、おかげさまで満床での竣工となりました。複数の荷主企業様のDC(ディストリビューションセンター)※として運営します。また、当社の柏営業所を本センター内へ移設し、運営業務の効率化を図ります。
 なお、旧柏営業所(千葉県野田市)については、野田出張所に改称して営業を継続します。
※DC(ディストリビューションセンター):商品の在庫や保管を主目的とする物流センター

3.物流施設開発について
 当社は、全国に93カ所、総延床面積26万坪超の物流施設(物流不動産を含む)を運営しており(2019年9月30日時点)、今年度は、本センターを含めて新たに3棟、約1万5千坪の物流施設を開発し、さらに2020年3月の開設に向けて2棟の開発を進めています。また、2020年度には5カ所、約2万6千坪の物流施設の開発を計画しています。
 今後も当社は、お客様のニーズに適した物流施設開発を軸に、事業展開を加速して参ります。


4.施設概要

[画像3: (リンク ») ]

■物流センター紹介URL: (リンク »)

[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]