編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

16年連続販売本数No.1のPDF作成・編集ソフト 「いきなり(R)PDF Ver.7」シリーズ

ソースネクスト株式会社

From: PR TIMES

2019-11-19 11:45

11月19日(火)新発売  (リンク »)

 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:松田 憲幸)は、11月19日(火)に、PDF作成・編集ソフトの最新版「いきなりPDF Ver.7 BASIC」(2,900円)、「いきなりPDF Ver.7 STANDARD」(3,900円)、「いきなりPDF Ver.7 COMPLETE」(9,900円)の3製品(すべて税別、ダウンロード版)を弊社サイト上で発売いたします。



 本シリーズは、発売以来16年連続で販売本数第1位注のPDF作成・編集ソフトです。本バージョンでは、注釈に記載したコメントをまとめてテキストに出力できる機能など、さらに便利な新機能を搭載しました。なお、本シリーズのパッケージ版は、1月24日(金)に発売いたします。
[画像1: (リンク ») ]

【 「いきなりPDF」シリーズについて 】
[画像2: (リンク ») ]

 「いきなりPDF」は、2003年の発売以来、16年連続で販売本数第1位注を獲得し続けている、人気シリーズです。高性能・低価格でPDF作成の常識を変えたロングセラーです。文書管理の効率アップやコスト削減に貢献します。 使える機能別に、3つのラインナップから選べます。

注 「BCN AWARD 2019」
全国主要家電量販店・パソコン専門店・ネットショップ 2,654店のPOS実売統計
集計対象期間:2018年1月~12月

【 「いきなりPDF Ver.7」シリーズの新機能 】
[画像3: (リンク ») ]

<作成>
■ショートカットの作成 NEW
 デスクトップ上によく使う機能のショートカットを作成できます。スタートパネルを介さずに目的の機能を起動できます。



<編集・直接編集>
[画像4: (リンク ») ]

■注釈コメントの出力 NEW
 注釈に記載したコメントをまとめてテキストに出力できます。校正内容などまとめて見たいときなどに便利です。





[画像5: (リンク ») ]

■複数ファイルをタブで表示 NEW
 複数のPDFファイルをタブ形式で開けるようになり、開いているファイルがわかりやすくなりました。



[画像6: (リンク ») ]

■描画図形が増えて便利に Power UP
 描画できる図形を9種類追加、基本の図形や吹き出しに使える図形を追加いたしました。



[画像7: (リンク ») ]

■見開きページ作成 Power UP
 PDFを開いたときに見開きになるように編集できます。 本のように左右から読めるように設定できます。



<組み替え・抽出>
[画像8: (リンク ») ]

■ページを抽出 Power UP
 PDFから必要なページだけを抜き出せます。PDF形式のほか、各ページを画像形式でも抽出できます。

 抽出後のファイル形式:PDF/JPEG/BMP/PNG/GIF/TIFF



【 機能比較表 】
※パッケージの画像はイメージです。
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]

[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]

[画像15: (リンク ») ]



「いきなりPDF Ver.7」シリーズの製品概要
■製品名・価格 : 「いきなりPDF Ver.7 BASIC」 2,900円(税別)
「いきなりPDF Ver.7 STANDARD」 3,900円(税別)
「いきなりPDF Ver.7 COMPLETE」 9,900円(税別)
■発売日    : ダウンロード版 2019年11月19日(火)/パッケージ版 2020年1月24日(金)
■製品内容   : PDF作成・変換・編集ソフト
■開発・販売  : ソースネクスト株式会社
■製品情報   : (リンク »)

「いきなりPDF Ver.7」シリーズの動作環境
■対応OS      : Windows(R)10/8.1/7 (いずれも32ビット/64ビット版)
■インストール容量 : 約290MB
■メモリ      : 1GB以上推奨
■解像度      : 1024×768以上
■その他      : インストールの際に管理者権限が必要
           Microsoft Office 2010/2013/2016/2019 に対応
           CADからのPDF作成に対応(AutoCAD2017、Jw-cadでの動作確認済)
■注意点      :
<作成機能>
•本製品は、すべてのファイルをPDF化できることを保証するものではありません。あらかじめご了承ください
•本製品では、PDF1.4~1.7に対応しています
<データ変換機能>
•PDFファイルから変換する場合、元ファイルのレイアウトによっては正しく再現されない場合があります
•変換機能は、Windows10/8.1/7の64ビット版では、WOW64サブシステム上で、32ビットアプリケーションとして動作します
•PowerPoint2013以降では、PDFファイルから変換した.ppt形式のファイルは開けませんので.pptx形式に変換してお使い下さい
<編集機能>
・テキストフィールドの自動割付は、全ての枠線を認識して作成できることを保証するものではありません
・最適化機能は、すでに最適化されているPDFファイルには効果がない場合があります
※ご使用時にインターネット接続が必要です。

コピーライト表記について
■製品の画面掲載などのコピーライト表記は、下記の通りお願いいたします。
 (C) SOURCENEXT CORPORATION

お客様お問い合わせ先
■ソースネクスト・カスタマー・サポートセンター
■ご購入前相談ダイヤル : 0570-035-333 (IP電話からは 082-553-1081)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]