編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【トラベルコ】2019年10月の海外ツアー検索人気ランキングを発表!アメリカ西海岸のビーチリゾート サンディエゴが急上昇!

株式会社オープンドア

From: PR TIMES

2019-11-19 18:05

700以上の旅行サイトが多彩な旅行プランを掲載中の「トラベルコ」( (リンク ») )を運営する株式会社オープンドア(東京都港区・代表取締役社長 関根大介)は、本サイトにおける2019年10月の海外ツアー検索人気ランキングTOP20及び人気急上昇の旅行先を発表いたします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トラベルコ 海外ツアー
(リンク »)
━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ トラベルコ海外ツアー 検索人気ランキングTOP20
[ 1位] ソウル (韓国)
[ 2位] 台北 (台湾)
[ 3位] グアム (グアム)
[ 4位] ホノルル (ハワイ)
[ 5位] バンコク (タイ)
[ 6位] バリ島 (インドネシア)
[ 7位] セブ (フィリピン)
[ 8位] シンガポール (シンガポール)
[ 9位] 上海 (中国)
[10位] 釜山 (韓国)
[11位] プーケット (タイ)
[12位] パリ (フランス)
[13位] ダナン (ベトナム)
[14位] ニューヨーク (アメリカ)
[15位] 香港 (香港)
[16位] ホーチミン (ベトナム)
[17位] ロンドン (イギリス)
[18位] ロサンゼルス (アメリカ)
[19位] ケアンズ (オーストラリア)
[20位] ドバイ (アラブ首長国連邦)
※2019年10月1日~31日にトラベルコ海外ツアーの行き先として検索された回数を基に集計。


ソウルは7月以来3か月ぶりの首位復帰。日韓関係の悪化によりLCC(格安航空会社)を中心に航空券が大きく値崩れしていることでツアーの価格も下がり、格安の旅行を探すユーザからの需要が増加したものと思われます。デモの影響が続く香港は前月11位、前年同月5位から大きく順位を下げて15位。2017年11月以来、1年11か月ぶりのドバイのTOP20入りは、9月から10月にかけて掲載したドバイのビーチなどを紹介する特集の影響によるものと考えられます。

また、2018年10月の海外ツアー検索人気ランキングと比較した人気急上昇の旅行先は下記の通りです。前年同月136位から68位へ、なんと一気に68ランクもアップしたサン セバスティアン(ドノスティア)は、人気のアナウンサーと俳優がテレビ番組で訪れたことから検索数が急騰しました。

前年同月147位から94位と、こちらも53ランクの大ジャンプを見せたサンディエゴは、人気のビーチリゾート紹介番組で3週にわたって取り上げられたことで、注目度が急上昇したようです。


◆ トラベルコ海外ツアー 人気急上昇の旅行先
[ 53位 → 36位] ウラジオストク (ロシア)
[ 56位 → 45位] マニラ (フィリピン)
[ 78位 → 55位] パース (オーストラリア)
[ 68位 → 56位] パタヤ (タイ)
[ 76位 → 59位] ボラカイ島 (フィリピン)
[136位 → 68位] サン セバスティアン (スペイン)
[ 91位 → 76位] バリ島(ウブド) (インドネシア)
[ 94位 → 77位] 西安 (中国)
[ 99位 → 83位] 仁川 (韓国)
[100位 → 87位] ニャチャン (ベトナム)
[103位 → 91位] オークランド (ニュージーランド)
[147位 → 94位] サンディエゴ (アメリカ)
※2018年・2019年10月のトラベルコ海外ツアー検索人気ランキングを比較し、前年より10以上順位が上がり、100位以内にランクインしている都市。


11月以降も引き続き、トラベルコ海外ツアー検索人気ランキングの発表を予定しております。


[画像: (リンク ») ]



≪株式会社 オープンドア概要≫
代表取締役社長:関根 大介(せきね だいすけ)
創立:1997年4月21日
資本金:6億4,829万円
従業員数:165名(2019年10月現在)
インターネットコンテンツの企画運営、ソフトウェア開発を行う。旅行比較サイト「トラベルコ」、多言語旅行比較サイト「Travelko」、日本の伝統工芸品紹介サイト「GALLERY JAPAN」等を運営。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]