編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【美容センサス2019年下期】≪美容意識と購買行動≫

株式会社リクルートライフスタイル

From: PR TIMES

2019-11-20 11:00

男性の「ファンデーション」の購入率は、20代、30代、40代で前年増!20代男性の「メイクアップ用品」購入、肌質と目元を整えるアイテムが上位に



[画像1: (リンク ») ]


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」( (リンク ») )は、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女1万3,200人を対象に、美容意識と購買行動の利用に関する実態調査を実施しました。その結果をご報告いたします。


調査トピックス
●女性の悩みを感じるパーツは、10代(15~19歳)、20代では「むだ毛処理・脱毛」、30代、40代では「顔のシミ・シワ・ホウレイ線」、50代、60代では「白髪」が最も高い。

●男性の悩みを感じるパーツは、20代以降全ての年代で、 「髪」に関することが上位に
男性の感じている悩みは、10代が「ニキビ・肌が脂っぽい・テカリ」、20代「ヘアスタイル」、30代「薄毛・抜け毛」、40代と50代は「白髪」、60代が「薄毛・抜け毛」が最も高い。

●男性のメイクアップ用品購入率は「ファンデーション」が最も高く、20代、30代、40代で前年増
最も購入率が高いのは、20代。前年からの増加幅が最も大きかったのは30代。
[画像2: (リンク ») ]



●20代男性のメイクアップ用品購入率、1位の「ファンデーション」に次いで、「アイライナー」「フェイスパウダー」が2位に
20代の「アイライナー」「フェイスパウダー」とも購入率は、前年増。
[画像3: (リンク ») ]



詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
(リンク »)


▼リクルートライフスタイルについて
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]